お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-12-18 10:55
Two-wayリレー通信路のための分散SISO畳込み符号の設計
石井光治香川大)・Yonghui LiBranka Vuceticシドニー大RCS2013-206
抄録 (和) 我々は,One-wayリレー通信路に軟入力軟出力(SISO:Soft-Input Soft-Output)符号化を用いることで,分散SISO符号化を実現し,その符号設計について検討してきた.本稿では,SISO符号化をTwo-wayリレー通信路に拡張した場合の符号化方法について議論する.One-wayリレー通信路と異なり,Two-wayリレー通信路における各リレーノードは,両サイドの送信端末(ソースノード)から送信された信号が合成された信号を受信するため,受信信号から各送信端末の情報を分離検出した場合に信頼度が著しく劣化する.信頼度の低い尤度を入力した場合,SISO符号器の出力も信頼度が低くなる.一方,分散SISO符号化の符号設計において,各リレーで受信した信号の信頼度に応じて符号重みの大きい符号を割当てることで,全体としての符号化利得を最大化することが知られている.そこで本稿では,それらのトレードオフ関係を考慮して,3つの分散SISO符号化を提案し,それぞれの特性を解析する. 
(英) We have previously proposed the distributed SISO convolutional coding for one-way relay channel and discussed its optimal coding criterion. This paper expands it to two-way relay channel and discusses its code design. Different from one-way relay channel, individual relay nodes, in two-way relay channel, receive the signal combined two sources' signals, which leads to significant performance degradation of the detection at the relay nodes. Thus, if the relay nodes exploit such a bad results for the input of SISO encoder, the distributed SISO system cannot enjoy coding gain. On the other hands, the optimal design of the distributed SISO coding for one-way relay channel is to assign the code with the $k$th largest generator sequence weight (GSW) to the relay node with the $k$th largest input SNR. Considering the relationship between the additional coding gain from the distributed SISO and the input SNRs to SISO encoder, we propose and investigate three types of SISO encoding schemes.
キーワード (和) 軟入力軟出力符号 / Two-wayリレー通信路 / 分散SISO符号化 / / / / /  
(英) two-way relay channel / soft-input soft-output encoder / distributed SISO coding / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 361, RCS2013-206, pp. 1-6, 2013年12月.
資料番号 RCS2013-206 
発行日 2013-12-11 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2013-206

研究会情報
研究会 RCS NS  
開催期間 2013-12-18 - 2013-12-20 
開催地(和) 高松市文化芸術ホール 
開催地(英) Sunport Hall Takamatsu 
テーマ(和) モバイル、アドホック、ユビキタス、無線、セキュリティ、マルチアクセス、アクセスネットワーク・UserNetworkInterface、Homeネットワーク、一般 
テーマ(英) Mobile Ad-hoc Network, Ubiquitous Network, Wireless Communication, security, Multi-Access Network 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2013-12-RCS-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Two-wayリレー通信路のための分散SISO畳込み符号の設計 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Code design for Distributed SISO Convolutional Code for Two-way Relay Channels 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 軟入力軟出力符号 / two-way relay channel  
キーワード(2)(和/英) Two-wayリレー通信路 / soft-input soft-output encoder  
キーワード(3)(和/英) 分散SISO符号化 / distributed SISO coding  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 石井 光治 / Koji Ishii / イシイ コウジ
第1著者 所属(和/英) 香川大学 (略称: 香川大)
Kagawa University (略称: Kagawa Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Yonghui Li / Yonghui Li /
第2著者 所属(和/英) シドニー大学 (略称: シドニー大)
Sydney University (略称: Sydney Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) Branka Vucetic / Branka Vucetic / ブランカ ビューセチック
第3著者 所属(和/英) シドニー大学 (略称: シドニー大)
Sydney University (略称: Sydney Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-12-18 10:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2013-206 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.361 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2013-12-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会