お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-12-18 15:10
人間中心設計によるマルチタスク環境での帯域制御手法の開発
新井田 統KDDI研)・上村郷志KDDI)・阿野茂浩KDDI研
抄録 (和) スマートホンやタブレットPCなどの高機能端末の急速な普及によって,移動端末でのマルチタスク操作を行う利用者が一般的になってきた.利用者がマルチタスク操作を行う理由は,注意を待つ行為から別の行為へ移すことで,待ち時間が発生することで感じる不満を低減すると共に,時間を有効活用するためである.これは待ち時間問題に対する有効な対策では有るものの,一度に複数のアプリケーションを立ち上げることでトラヒック量を増加させるという新たな問題を引き起こす.このため,マルチタスク操作下での効果的な帯域制御手法が望まれている.本稿では,マルチタスク下におけるユーザの行動の特徴に基づく帯域制御手法について,体感品質の評価実験結果に基づきデザインを行い,その効果をフィールド実験で検証した結果について報告を行う. 
(英) With the rapid growth of high performance ICT devices such as smart phones and tablet PCs, multitasking has become one of the popular ways of using mobile devices. The reasons users have adopted multitask operation are that it reduces the level of dissatisfaction regarding waiting time and makes effective use of time by switching their attention from the waiting process to other content. This is a good solution to the problem of waiting; however, it may cause another problem, which is to increase the traffic volume as a result of multiple applications being worked on simultaneously. Thus, an effective method to control throughput adapted to the multitasking situation is required. This paper evaluated a rate control method designed by a human-centered approach based on the behavioral characteristics of users during multitasking. It also quantitatively demonstrates the effect of the method in a field experiment. We show that the degree of satisfaction in relation to waiting time did not degrade even if the throughput for the background content decreased throughput by 40%.
キーワード (和) サービス品質 / ユーザ体験 / 人間中心設計 / 待ち時間 / QoE / / /  
(英) Service quality / user experience / human-centered design / waiting time / QoE / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 HCGSYMPO  
開催期間 2013-12-18 - 2013-12-20 
開催地(和) 松山市総合コミュニティセンター 
開催地(英) Matsuyama Multi-Purpose Community Cente 
テーマ(和) HCGシンポジウム2013 ~ 人々の生活を幸せで豊かにしていくICTとコミュニケーション ~ 
テーマ(英) Human communication, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCGSYMPO 
会議コード 2013-12-HCGSYMPO 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 人間中心設計によるマルチタスク環境での帯域制御手法の開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Human-Centered Design of a Rate Control Method for Multitasking 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) サービス品質 / Service quality  
キーワード(2)(和/英) ユーザ体験 / user experience  
キーワード(3)(和/英) 人間中心設計 / human-centered design  
キーワード(4)(和/英) 待ち時間 / waiting time  
キーワード(5)(和/英) QoE / QoE  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 新井田 統 / Sumaru Niida / ニイダ スマル
第1著者 所属(和/英) KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories (略称: KDDI Labs)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 上村 郷志 / Satoshi Uemura / ウエムラ サトシ
第2著者 所属(和/英) KDDI株式会社 (略称: KDDI)
KDDI Corporation (略称: KDDI)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 阿野 茂浩 / Shigehiro Ano / アノ シゲヒロ
第3著者 所属(和/英) KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories (略称: KDDI Labs)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-12-18 15:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 HCGSYMPO 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会