お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-12-14 13:00
頭部伝達関数算出のための2次元画像に基づいた3次元頭部モデルモーフィングの検討
糸川雄紀大谷 真橋本昌己香山瑞恵伊東一典信州大EA2013-97
抄録 (和) 近年の計算機性能と3次元形状計測技術の向上により,頭部の3次元モデルに基づいた数値シミュレーションによって頭部伝達関数
(HRTF: Head-Related Transfer Function)を得ることが可能となってきている.
頭部形状が正確にモデル化されればHRTFの計算値と実測値が良好に一致することが示されているが,人体頭部の形状を正確に取得するには磁気共鳴画像などを用いる他なく,高精度なバイノーラル合成に必要とされる受聴者本人のHRTFを数値解析によって得るには多大なコストが必要とされる.
そこで,我々は,ダミーヘッド等の標準頭部・耳介モデルに対して,容易に取得可能である2次元頭部・耳介画像に基づいたモーフィングを施すことで個人頭部・耳介モデルを生成する手法について検討を行っている.
本報告では,まず,複雑な形状を持つ耳介を取り除いた頭部形状のみに着目し,2次元頭部画像を元にしたモーフィングによって,標準頭部モデルから個人頭部モデルを生成する手法について述べる.
磁気共鳴画像によって生成された個人頭部モデルとモーフィングにより生成された個人頭部モデルのそれぞれに対して数値シミュレーションを行い,算出された両耳間時間差を比較した結果,両者が良好に一致することが確認された. 
(英) With recent progress in computational resources and 3D-scanning techniques, numerical simulations become a practical way to obtain head-related transfer function (HRTFs).
Previous studies have shown that the HRTFs can be obtained by numerical simulations if an accurate geometry of the head and pinna shapes is provided.
However, the acquisition of an accurate geometry of the head and pinna shapes requires a precise scanning technique such as a magnetic resonance imaging {it etc.}, which leads to a lot of cost in obtaining individualized HRTFs necessary for an accurate binaural synthesis.
To solve this problem, we have been invesitgating on an acquisition of individualized 3D head model by morphing based on 2D images of the head and pinnae for HRTF simulation.
This paper introduces a method of generating individualized 3D head model by applying 3D morphing based on 2D image of individual head to a standard head model (dummy head).
As a result, HRTF calculated from the model have no pinnas indicated individualized amplitude-frequency characteristics and interaural time differences.
キーワード (和) 頭部伝達関数 / 頭部・耳介形状 / 数値シミュレーション / モーフィング / / / /  
(英) Head-related transfer function / Head and pinna shape / numerical simulation / 3D morphing / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 349, EA2013-97, pp. 55-60, 2013年12月.
資料番号 EA2013-97 
発行日 2013-12-06 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2013-97

研究会情報
研究会 EA  
開催期間 2013-12-13 - 2013-12-14 
開催地(和) 金沢大学サテライトプラザ 
開催地(英) Satellite Plaza of Kanazawa University 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2013-12-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 頭部伝達関数算出のための2次元画像に基づいた3次元頭部モデルモーフィングの検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Consideration on 3D head model morphing based on 2D image for HRTF calculation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 頭部伝達関数 / Head-related transfer function  
キーワード(2)(和/英) 頭部・耳介形状 / Head and pinna shape  
キーワード(3)(和/英) 数値シミュレーション / numerical simulation  
キーワード(4)(和/英) モーフィング / 3D morphing  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 糸川 雄紀 / Yuki Itokawa / イトカワ ユウキ
第1著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大谷 真 / Makoto Otani / オオタニ マコト
第2著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋本 昌己 / Masami Hashimoto / ハシモト マサミ
第3著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 香山 瑞恵 / Mizue Kayama / カヤマ ミズエ
第4著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊東 一典 / Kazunori Itoh / イトウ カズノリ
第5著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-12-14 13:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2013-97 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.349 
ページ範囲 pp.55-60 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2013-12-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会