電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-12-13 13:55
手の動きと頭部運動、眼球運動の協調運動の解析
菊池 慧横山優樹高比良英朗石川諒一山田光穂東海大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年、電子書籍やスマートフォンなどが普及し、様々な場所で使用されている。特に、バスや電車の中などの移動体内での使用も電子書籍やスマートフォンの普及と共に増加している。電子書籍などで読書しているときは手で端末を保持している必要があるが、移動体内では移動による揺れが生じ、手が動くことが想定される。本研究では、被験者に決まった位置まで手を動かしてもらい、手の動きと頭部運動、眼球運動を同時に取得し、その協調運動についての解析を行った。その結果、手と頭部、眼球の動き出す順番に特徴が見られた。どの被験者も眼球が先で手、頭部の順番で動きだしたが、手を動かす位置によってはほとんど頭部運動が観測されなかった。目標を眼球の動きで場所の確認をしてから、手を動かし、その後に頭部運動で視線を安定させるが、頭部運動は手の移動量に依存することが示唆された。 
(英) In recent years, such as smart phones and electronic books are popular, and are used in various places. Use of electronic terminals on the train or bus is also increasing with the spread of smart phone and e-book. In the vehicle, that the shaking is caused by the vehicle movement can be expected. It is necessary that a reader holds the terminal by hand when he/she is reading an e-book or looking at the smart phone. In this research, we were asked a subject to move the hand to a target pointed on the wooden board, then eye and head movement as well as hand movement were analyzed. As a result, typical features were observed in the order of eye, head and eye movement. Eye movement started first and hand and eye movement followed in all subjects. Depending on the position from which a hand is moved, head movement was hardly observed. It was suggested that gaze was stabilized by head movement after confirming the target position by eye movement and moving the hand to the target and also suggested that head movement was dependent on the movement of a hand.
キーワード (和) 眼球運動 / 頭部運動 / 協調運動 / / / / /  
(英) Eye Movement / Head Movement / Coordination among eye, head and hand movement / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 350, IMQ2013-18, pp. 7-10, 2013年12月.
資料番号 IMQ2013-18 
発行日 2013-12-06 (IMQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IMQ  
開催期間 2013-12-13 - 2013-12-13 
開催地(和) 静岡大学 浜松キャンパス 
開催地(英) Hamamatsu Campus, Shizuoka Univ. 
テーマ(和) ディスプレイとIMQ一般 
テーマ(英) Display technology and Image Media Quality 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IMQ 
会議コード 2013-12-IMQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 手の動きと頭部運動、眼球運動の協調運動の解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Analysis of a motion of a hand and the coordinated movement of head movement and eye movement 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 眼球運動 / Eye Movement  
キーワード(2)(和/英) 頭部運動 / Head Movement  
キーワード(3)(和/英) 協調運動 / Coordination among eye, head and hand movement  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 菊池 慧 / Kei Kikuchi / キクチ ケイ
第1著者 所属(和/英) 東海大学 (略称: 東海大)
Tokai University (略称: Tokai Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 横山 優樹 / Yuki Yokoyama / ヨコヤマ ユウキ
第2著者 所属(和/英) 東海大学 (略称: 東海大)
Tokai University (略称: Tokai Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高比良 英朗 / Hideaki Takahira / タカヒラ ヒデアキ
第3著者 所属(和/英) 東海大学 (略称: 東海大)
Tokai University (略称: Tokai Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 石川 諒一 / Ryouichi Ishikawa / イシカワ リョウイチ
第4著者 所属(和/英) 東海大学 (略称: 東海大)
Tokai University (略称: Tokai Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 光穂 / Mitsuho Yamada / ヤマダ ミツホ
第5著者 所属(和/英) 東海大学 (略称: 東海大)
Tokai University (略称: Tokai Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-12-13 13:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IMQ 
資料番号 IEICE-IMQ2013-18 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.350 
ページ範囲 pp.7-10 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-IMQ-2013-12-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会