お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-12-13 11:30
オクターブ類似性を用いた位相操作による音楽電子透かしの特性改善
田中諒輔加藤翔也荒川 薫明大SIS2013-49
抄録 (和) 音楽に効果的に電子透かしを埋め込む方法として,人間の聴覚特性を利用したオクターブ類似性に基づく電子透かし方式が提案されている。この方式には,音楽信号の周波数スペクトルの振幅成分を操作する方法と位相成分を操作する方法があり,位相成分を操作する方法の方が埋め込みによる信号変化が知覚されにくい。しかし,従来のπ/4の位相毎に操作する方式では,クラシック音楽などの微妙な音に対して雑音が知覚される。本稿では,この位相の変化をより小さくすることにより雑音の発生を抑え,また,位相が透かし情報ごとになるべく離れるように改善し,且つステレオ情報を利用することにより,データ圧縮への耐性をも十分備えた電子透かし方式を提案する。実際の音楽信号に適用し,その有効性を示す。 
(英) Digital watermark based on octave similarity is one of powerful methods to embed information in audio signals. This method utilizes human auditory characteristics that we recognize two notes, which are an octave apart, as the same kind. This method is realized by two ways, one is modulating the amplitude and the other is shifting the phase of the frequency spectrum of the audio signals. Usually, the latter is more preferable, because the signal modulation is less perceivable. Still, noise is not negligible, when the conventional method using phase shift is applied to delicate classical music, such as a piano piece. The conventional method shifts the phase with /4 depending on whether the embed information is 0 or 1. In this paper, a new method of digital watermark based on octave similarity with phase shift is proposed. This method shifts the phase with less amount. In this case, the watermark becomes weak to attacks, thus we also propose methods to make it robust by setting the phase apart for each embedded information, and utilizing the stereo information in detection. The high performance of the new method is verified in computer simulations.
キーワード (和) 電子透かし / オクターブ類似性 / 聴覚特性 / 位相操作 / / / /  
(英) Digital Waterwark / Octave Similarity / Auditory Characteristics / Phase Shift / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 343, SIS2013-49, pp. 121-126, 2013年12月.
資料番号 SIS2013-49 
発行日 2013-12-05 (SIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SIS2013-49

研究会情報
研究会 SIS  
開催期間 2013-12-12 - 2013-12-13 
開催地(和) とりぎん文化会館(鳥取) 
開催地(英) Torigin Bunka Kaikan (Tottori) 
テーマ(和) システムオンシリコン,RFID関連技術,一般 
テーマ(英) System on Silicon, Applications of RFID, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIS 
会議コード 2013-12-SIS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) オクターブ類似性を用いた位相操作による音楽電子透かしの特性改善 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Improvement of digital watermark for audio signals with phase shift based on octave similarity 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 電子透かし / Digital Waterwark  
キーワード(2)(和/英) オクターブ類似性 / Octave Similarity  
キーワード(3)(和/英) 聴覚特性 / Auditory Characteristics  
キーワード(4)(和/英) 位相操作 / Phase Shift  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 諒輔 / Ryosuke Tanaka / タナカ リョウスケ
第1著者 所属(和/英) 明治大学 (略称: 明大)
Meiji University (略称: Meiji Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 翔也 / Shoya Kato / カトウ ショウヤ
第2著者 所属(和/英) 明治大学 (略称: 明大)
Meiji University (略称: Meiji Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 荒川 薫 / Kaoru Arakawa / アラカワ カオル
第3著者 所属(和/英) 明治大学 (略称: 明大)
Meiji University (略称: Meiji Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-12-13 11:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SIS 
資料番号 IEICE-SIS2013-49 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.343 
ページ範囲 pp.121-126 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SIS-2013-12-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会