電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-12-13 09:35
カプセル型キャビティを用いた微小金属半導体レーザーの設計
張 柏富沖本拓也種村拓夫中野義昭東大エレソ技報アーカイブへのリンク:LQE2013-125
抄録 (和) 微小金属InP/InGaAsレーザーの実現に向けて,新規のカプセル型キャビティ構造を提案し, Q値,閉じ込め係数,発振閾電流値などを計算したので報告する.従来の直方体型キャビティの両端に曲面金属ミラー構造を導入することで,共振モードの光電界分布をキャビティの中央に閉じ込めることができ,金属界面における光損失が大幅に削減される.一例として,1.1μm × 0.84μm × 1.4μmの構造に本手法を取り入れることで,従来の直方体型と比較して,Q値が197から297に増加し,発振閾値が291μA から60μAまで小さくなることを示す.さらに,閾値電流を最小にする最適なキャビティ幅が存在することを示す. 
(英) We propose a novel subwavelength metallic InP/InGaAs laser with a capsule-shaped cavity. By introducing curved metallic facets at the both ends, resonant modes can be strongly confined inside the center of this capsule-shaped cavity, which not only improves the confinement factor and the Q factor, but also reduces the cavity volume. As an example case, we numerically demonstrate that this new structure can decrease the plasmonic loss and improve the Q factor from 197 to 297 and reduce the current threshold from 291 uA down to 60 uA with a cavity dimension of 1.1um x 0.84um x 1.4um. In addition, we demonstrate that there exists an optimal cavity width to minimize the current threshold.
キーワード (和) 金属ナノレーザー / プラズモニクス / 光インターコネクト / / / / /  
(英) Nanometallic laser / Plasmonics / Optical interconnects / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 352, LQE2013-125, pp. 1-6, 2013年12月.
資料番号 LQE2013-125 
発行日 2013-12-06 (LQE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

研究会情報
研究会 LQE  
開催期間 2013-12-13 - 2013-12-13 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英)  
テーマ(和) 半導体レーザ関連技術,及び一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 LQE 
会議コード 2013-12-LQE 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) カプセル型キャビティを用いた微小金属半導体レーザーの設計 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Design of Capsule-Shaped Cavity for Nanometallic Semiconductor Lasers 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 金属ナノレーザー / Nanometallic laser  
キーワード(2)(和/英) プラズモニクス / Plasmonics  
キーワード(3)(和/英) 光インターコネクト / Optical interconnects  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 張 柏富 / Baifu Zhang / チャン バイフー
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 沖本 拓也 / Takuya Okimoto / オキモト タクヤ
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 種村 拓夫 / Takuo Tanemura / タネムラ タクオ
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 中野 義昭 / Yoshiaki Nakano / ナカノ ヨシアキ
第4著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-12-13 09:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 LQE 
資料番号 IEICE-LQE2013-125 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.352 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-LQE-2013-12-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会