お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-12-13 11:10
色覚特性の違いによる誘目度の定量的評価
和田凌平目黒光彦日大SIS2013-48
抄録 (和) 人が無意識のうちに視線を向ける仕組みをモデル化した研究として、顕著性マップがある.視線を送る度合いの高さを誘目度として算出し、位置に応じた度合いをマップ化したものである.顕著性マップの算出は、色覚正常者に向けたモデル化をされている.そのため、色覚異常者の場合、誘目度の出方が異なることが考えられる.本研究では、色覚異常者の物の見え方による顕著性マップの算出により、色覚異常者の誘目度を定量的に評価する.これにより、標識や看板等が色覚異常者に対する提示として有効であるかを定量的に評価することができ、標識や看板等の提示の問題点を検出することが出来ることを適用例を通じて明らかにする. 
(英) The saliency map approach, which represented the regions of human gaze in a state of unconsciousness, has already been proposed. Saliency map is modeled for the normal color vision users. Therefore, the saliency map of the color defectives tends to be different from the map of the normal color vision. In this study, we evaluate the attention value of color defectives quantitatively by calculating the saliency map of color defectives. We can evaluate quantitatively that the billboards or signs are to be effective or not for color defectives by the method .
キーワード (和) 顕著性マップ / 誘目度の定量的評価 / 色覚特性 / / / / /  
(英) Saliency map / Objective evaluation of saliency / Defective color vision / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 343, SIS2013-48, pp. 115-120, 2013年12月.
資料番号 SIS2013-48 
発行日 2013-12-05 (SIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SIS2013-48

研究会情報
研究会 SIS  
開催期間 2013-12-12 - 2013-12-13 
開催地(和) とりぎん文化会館(鳥取) 
開催地(英) Torigin Bunka Kaikan (Tottori) 
テーマ(和) システムオンシリコン,RFID関連技術,一般 
テーマ(英) System on Silicon, Applications of RFID, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIS 
会議コード 2013-12-SIS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 色覚特性の違いによる誘目度の定量的評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The objective evaluation of saliency for users with defective color vision 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 顕著性マップ / Saliency map  
キーワード(2)(和/英) 誘目度の定量的評価 / Objective evaluation of saliency  
キーワード(3)(和/英) 色覚特性 / Defective color vision  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 和田 凌平 / Ryohei Wada / ワダ リョウヘイ
第1著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 目黒 光彦 / Mitsuhiko Meguro / メグロ ミツヒコ
第2著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-12-13 11:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SIS 
資料番号 IEICE-SIS2013-48 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.343 
ページ範囲 pp.115-120 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SIS-2013-12-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会