電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-12-12 09:30
ドライバの特性を考慮した歩行者の見つけやすさ推定手法に関する予備的検討
谷繁龍之介出口大輔名大)・道満恵介目加田慶人中京大)・井手一郎村瀬 洋名大)・酒井 映デンソーPRMU2013-69
抄録 (和) 近年の歩行者技術の発展により,ドライバに歩行者の存在を警告し,運転を支援することが可能になっている.しかしながら,全ての歩行者を警告することはドライバの集中力低下や苛立ちを引き起こす危険性がある.そのため,見つけにくい歩行者のみをドライバに警告することが重要であり,歩行者の見つけやすさを推定する研究がなされている.本報告では,個々のドライバに適応して歩行者の見つけやすさを推定する手法について提案する.提案手法では,歩行者の見つけやすさを個々のドライバ専用の推定器によって推定することで,推定精度の向上を図る.従来手法との比較により,提案手法によって推定誤差が減少することを確認した. 
(英) In recent years, advances in pedestrian detection technology have resulted in the development of driving assistance systems that notify the drivers of the presence of pedestrians. However, warning of all of the presence of pedestrians would confuse the driver. Therefore, it is necessary to develop a method to predict the driver’s perception performance of pedestrian detectability. This report proposes a method that predicts the pedestrian detectability considering the difference between individual drivers. The proposed method constructs a predictor specific to each driver, in order to predict the pedestrian detectability precisely. We confirmed that the proposed method significantly reduces the prediction error in comparison with the existing methods.
キーワード (和) ITS / 運転支援 / 歩行者 / 見つけやすさ / 個人適応 / / /  
(英) ITS / driver assistance / pedestrian / detectability / personalization / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 346, PRMU2013-69, pp. 5-10, 2013年12月.
資料番号 PRMU2013-69 
発行日 2013-12-05 (PRMU) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PRMU2013-69

研究会情報
研究会 PRMU  
開催期間 2013-12-12 - 2013-12-13 
開催地(和) 三重大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 事象の監視・検出・解析, 安全・安心社会の実現,若手からの情報発信 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2013-12-PRMU 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ドライバの特性を考慮した歩行者の見つけやすさ推定手法に関する予備的検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A preliminary study on the prediction of pedestrian's detectability considering drivers' characteristics 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ITS / ITS  
キーワード(2)(和/英) 運転支援 / driver assistance  
キーワード(3)(和/英) 歩行者 / pedestrian  
キーワード(4)(和/英) 見つけやすさ / detectability  
キーワード(5)(和/英) 個人適応 / personalization  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷繁 龍之介 / Ryunosuke Tanishige / タニシゲ リュウノスケ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 出口 大輔 / Daisuke Deguchi / デグチ ダイスケ
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 道満 恵介 / Keisuke Doman / ドウマン ケイスケ
第3著者 所属(和/英) 中京大学 (略称: 中京大)
Chukyo University (略称: Chukyo Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 目加田 慶人 / Yoshito Mekada / メカダ ヨシト
第4著者 所属(和/英) 中京大学 (略称: 中京大)
Chukyo University (略称: Chukyo Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 井手 一郎 / Ichiro Ide / イデ イチロウ
第5著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 村瀬 洋 / Hiroshi Murase / ムラセ ヒロシ
第6著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 酒井 映 / Utsushi Sakai / サカイ ウツシ
第7著者 所属(和/英) 株式会社デンソー (略称: デンソー)
DENSO CORPORATION (略称: DENSO CORP.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-12-12 09:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-PRMU2013-69 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.346 
ページ範囲 pp.5-10 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PRMU-2013-12-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会