電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-12-05 10:35
SPBMにおけるECT形成時の経路選択確率の最適化
中山 悠NTT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 今後,アクセスネットワークにおけるSPBM(Shortest Path Bridging MAC)利用が考えられる.ネットワーク構成の柔軟化,運用の簡易化,最短経路転送が可能となるためである.SPBMでは,最短経路が複数存在する場合,マルチパス(ECT)間でのロードバランスが行われる.ただし,ユーザ分布やトポロジによっては,特定リンクにトラヒックが集中し輻輳しやすくなる課題がある.本稿では,エッジノードにおけるECT形成時の経路選択確率を最適化し,ロードバランス性を高める手法を提案する.提案手法では,各リンクの期待トラヒック量を算出し,経路選択確率を動的に変更する. 
(英) With SPBM (shortest path bridging MAC), access networks can be flexibly constructed on demand. The shortest path transmission is realized without any blocking port in any network topology. However, the paths of many flows can overlap on specific links and this results in congestion. It is important to avoid congestion by selecting the optimal path for each flow. This paper proposes a path selection algorithm for SPBM. The proposed algorithm adjusts the path selection probability of ECT (Equal Cost Tree) based on the estimated traffic amount on each link. It efficiently utilizes links and improves throughput fairness.
キーワード (和) SPBM / equal cost tree / マルチパス / 公平性 / / / /  
(英) SPBM / equal cost tree / multi-path / fairness / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 339, CS2013-63, pp. 19-24, 2013年12月.
資料番号 CS2013-63 
発行日 2013-11-28 (CS, IE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IPSJ-AVM CS IE ITE-BCT  
開催期間 2013-12-05 - 2013-12-06 
開催地(和) 京都工芸繊維大学 60周年記念館 
開催地(英) 60th Anniversary Hall, Kyoto Institute of Technology 
テーマ(和) 画像符号化,通信・ストリーム技術,一般 
テーマ(英) Image Coding, Streaming, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2013-12-AVM-CS-IE-BCT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) SPBMにおけるECT形成時の経路選択確率の最適化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Optimization of ECT selection probability in SPBM networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) SPBM / SPBM  
キーワード(2)(和/英) equal cost tree / equal cost tree  
キーワード(3)(和/英) マルチパス / multi-path  
キーワード(4)(和/英) 公平性 / fairness  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中山 悠 / Yu Nakayama / ナカヤマ ユウ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegragh and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-12-05 10:35:00 
発表時間 15 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CS2013-63,IEICE-IE2013-74 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.339(CS), no.340(IE) 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CS-2013-11-28,IEICE-IE-2013-11-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会