お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-12-04 13:55
TETDM (Total Environment for Text Data Mining) による Exploratory Search の実験
徳永秀和香川高専NLC2013-35
抄録 (和) 検索者が検索当初に明確な検索要求を持たず,検索を繰り返しながら知識を増やし,検索要求を明確にしていくExploratory Searchが注目されている.本稿では,人工知能学会の近未来チャレンジのテーマTETDMにおいて開発されているテキストマイニング統合環境を利用してExploratory Search の実験を行った結果を報告する.TETDMは,複数のテキストマイニングモジュールを連動して利用できExploratory Searchに有効であると考えられる. 
(英) Exploratory Search which attracts attention now has the following features. The search person does not have a clear search demand at the time of search. And while the search person has repeated search, he clarifies a search demand by increasing knowledge. TETDM is Challenge for Realizing Early Profits of The Japanese Society for Artificial Intelligence. This paper reports the experimental result of Exploratory Search using TETDM. TETDM can interlock two or more text data mining modules. So, it is effective in Exploratory Search.
キーワード (和) 探検的探索 / テキストマイニング / TETDM / / / / /  
(英) Exploratory Search / Text Data Mining / TETDM / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 338, NLC2013-35, pp. 13-16, 2013年12月.
資料番号 NLC2013-35 
発行日 2013-11-27 (NLC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NLC2013-35

研究会情報
研究会 NLC  
開催期間 2013-12-04 - 2013-12-05 
開催地(和) グリー株式会社 六本木ヒルズ森タワー 
開催地(英) Gree Inc. 
テーマ(和) 第5回集合知シンポジウム 
テーマ(英) The 5th Symposium on Collective Knowlege 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLC 
会議コード 2013-12-NLC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) TETDM (Total Environment for Text Data Mining) による Exploratory Search の実験 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Exploratory Search Experiment using TETDM (Total Environment for Text Data Mining) 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 探検的探索 / Exploratory Search  
キーワード(2)(和/英) テキストマイニング / Text Data Mining  
キーワード(3)(和/英) TETDM / TETDM  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 徳永 秀和 / Hidekazu Tokunaga / トクナガ ヒデカズ
第1著者 所属(和/英) 香川高等専門学校 (略称: 香川高専)
Kagawa National College of Tecnology (略称: Kagawa nct)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-12-04 13:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLC 
資料番号 IEICE-NLC2013-35 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.338 
ページ範囲 pp.13-16 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-NLC-2013-11-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会