お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-12-03 13:00
[ポスター講演]ビームフォーミングアダプティブサーキュラアレーアンテナを用いたDS/SS車車間通信におけるシャドウイングの影響改善に関する一検討
三枝恵理子東京理科大)・大野光平明大)・伊丹 誠東京理科大ITS2013-18
抄録 (和) 車車間通信では、送信車両と受信車両の間にトラックなどの大型の車両が入り電波が遮られてしまう、シャドウイング問題が存在する。この問題を改善するため、円周上に素子を配置し、指向性を制御することのできるアダプティブアレーアンテナを用いた。送信側では、受信車両の位置で電界強度が最大になるよう計算することのできるサーキュラアレーアンテナを用いた。また、受信側ではLMSサーキュラアレーアンテナを使用することで、送信車両にはメインビームを向け干渉車両にはヌルステアリングをできるようにした。これらのアンテナを車両に搭載したとして、シャドウイング環境下を想定したシミュレーションを行った。今回提案した方法でメインビームを作る方式と、LMSアルゴリズムによりメインビームを作る方式とを比較し、今回提案した方式の方が良好な受信特性が得られることを示した。 
(英) In the IVC (Inter-Vehicle Communication) System, shadowing problems which tracks intercept communication paths occurs. To solve this problem, we proposed the adaptive circular array antenna. The antenna can be controlled its directivity. The sending vehicle uses the circular array antenna that calculates the maximum field intensity at the receiving place. The receiving vehicle uses the LMS (Least Mean Square) circular array antenna that can make main lobe for the sending vehicle and make null for the interfering vehicles. We evaluated the performances in the traffic model under shadowing environment. From the results, proposed antenna technique is more effective than former technique that make main lobe using LMS algorithm in both transmitted and received antennas.
キーワード (和) 車車間通信 / IVC / アダプティブアレーアンテナ / サーキュラアレーアンテナ / シャドウイング問題 / / /  
(英) IVC / Inter-Vehicle Communication / Adaptive Array Antenna / Circular Array Antenna / Shadowing environment / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 337, ITS2013-18, pp. 7-12, 2013年12月.
資料番号 ITS2013-18 
発行日 2013-11-26 (ITS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ITS2013-18

研究会情報
研究会 ITS WBS  
開催期間 2013-12-03 - 2013-12-04 
開催地(和) 東京理科大学 
開催地(英) Tokyo University of Science 
テーマ(和) ITS通信,ポスター講演,一般 
テーマ(英) ITS Communication, Poster Session, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ITS 
会議コード 2013-12-ITS-WBS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ビームフォーミングアダプティブサーキュラアレーアンテナを用いたDS/SS車車間通信におけるシャドウイングの影響改善に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study on DS/SS-IVC system under shadowing environment using Beam-forming Adaptive Circular Array Antenna 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 車車間通信 / IVC  
キーワード(2)(和/英) IVC / Inter-Vehicle Communication  
キーワード(3)(和/英) アダプティブアレーアンテナ / Adaptive Array Antenna  
キーワード(4)(和/英) サーキュラアレーアンテナ / Circular Array Antenna  
キーワード(5)(和/英) シャドウイング問題 / Shadowing environment  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 三枝 恵理子 / Eriko Saegusa / サエグサ エリコ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. Science)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大野 光平 / Kohei Ohno / オオノ コウヘイ
第2著者 所属(和/英) 明治大学 (略称: 明大)
Meiji University (略称: Meiji Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊丹 誠 / Makoto Itami / イタミ マコト
第3著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. Science)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-12-03 13:00:00 
発表時間 150 
申込先研究会 ITS 
資料番号 IEICE-ITS2013-18 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.337 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ITS-2013-11-26 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会