お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-12-02 17:10
NICTサイエンスクラウドによる衛星観測データの高速データ処理技技法
村田健史渡邉英伸NICT)・笠原禎也矢木大介金沢大)・笠井康子石井昌憲山本和憲NICT)・木村映善愛媛大)・建部修見田中昌宏筑波大)・鵜川健太郎村永和哉鈴木 豊セック)・小嶋浩嗣京大SANE2013-94
抄録 (和) A variety of satellite missions, Earth observations and environments, Space physics and Astrophysics and Commercial uses, are carried out every year. Most of the satellites yield a large-scale data, and high-performance data processing technologies are expected. We have been developing a cloud system (the NICT Science Cloud) for big data analyses of Earth and Space observations via spacecraft. In the present study we propose a new technique to process large-scale data with paying attention to the fact that high-speed I/O (data file read and write) is important compared with data processing itself. We also adopt a task scheduler, the Pwrake, for easy management of parallel data processing. Using a long-time scientific satellite observation data (GEOTAIL satellite), we examine performance of the system on the NICT Science Cloud. We successfully archive high-speed data processing more than 100 times faster than those on traditional data processing environments. Since the design of the present system is for versatile use, we also discuss how to apply for other satellite missions such as GOSAT satellite, KAGUYA satellite and ISOSIM-L (a radar simulator). 
(英) A variety of satellite missions, Earth observations and environments, Space physics and Astrophysics and Commercial uses, are carried out every year. Most of the satellites yield a large-scale data, and high-performance data processing technologies are expected. We have been developing a cloud system (the NICT Science Cloud) for big data analyses of Earth and Space observations via spacecraft. In the present study we propose a new technique to process large-scale data with paying attention to the fact that high-speed I/O (data file read and write) is important compared with data processing itself. We also adopt a task scheduler, the Pwrake, for easy management of parallel data processing. Using a long-time scientific satellite observation data (GEOTAIL satellite), we examine performance of the system on the NICT Science Cloud. We successfully archive high-speed data processing more than 100 times faster than those on traditional data processing environments. Since the design of the present system is for versatile use, we also discuss how to apply for other satellite missions such as GOSAT satellite, KAGUYA satellite and ISOSIM-L (a radar simulator).
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) Satellite data / Earth and space observation / data processing / NICT Science Cloud / parallel file system / Gfarm / Pwrake /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 335, SANE2013-94, pp. 133-138, 2013年12月.
資料番号 SANE2013-94 
発行日 2013-11-25 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SANE2013-94

研究会情報
研究会 SANE  
開催期間 2013-12-02 - 2013-12-03 
開催地(和) VAST/VNSC(1日目) & Melia Hotel, Hanoi(2日目) 
開催地(英) VAST/VNSC(2nd Dec.) & Melia Hotel (3rd Dec), Hanoi, Vietnam 
テーマ(和) ICSANE 2013 (International Conference on Space, Aeronautical and Navigational Electronics) 
テーマ(英) ICSANE 2013 (International Conference on Space, Aeronautical and Navigational Electronics) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2013-12-SANE 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) NICTサイエンスクラウドによる衛星観測データの高速データ処理技技法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) New techniques of high-speed data processing for spacecraft observation data via NICT Science Cloud 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) / Satellite data  
キーワード(2)(和/英) / Earth and space observation  
キーワード(3)(和/英) / data processing  
キーワード(4)(和/英) / NICT Science Cloud  
キーワード(5)(和/英) / parallel file system  
キーワード(6)(和/英) / Gfarm  
キーワード(7)(和/英) / Pwrake  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 村田 健史 / Ken T. Murata / ムラタ タケシ
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡邉 英伸 / Hidenobu Watanabe / ワタナベ ヒデノブ
第2著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 笠原 禎也 / Yoshiya Kasahara / カサハラ ヨシヤ
第3著者 所属(和/英) 金沢大学 (略称: 金沢大)
Kanazawa University (略称: Kanazawa Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 矢木 大介 / Daisuke Yagi / ヤギ ダイスケ
第4著者 所属(和/英) 金沢大学 (略称: 金沢大)
Kanazawa University (略称: Kanazawa Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 笠井 康子 / Yasuko Kasai / カサイ ヤスコ
第5著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 石井 昌憲 / Shoken Ishii / イシイ ショウケン
第6著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 和憲 / Kazunori Yamamoto / ヤマモト カズノリ
第7著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 木村 映善 / Eizen Kimura / キムラ エイゼン
第8著者 所属(和/英) 愛媛大学 (略称: 愛媛大)
Ehime University (略称: Ehime Univ.)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 建部 修見 / Osamu Tatebe / タテベ オサム
第9著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. Tsukuba)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 昌宏 / Masahiro Tanaka / タナカ マサヒロ
第10著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. Tsukuba)
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) 鵜川 健太郎 / Kentaro Ukawa / ウカワ ケンタロウ
第11著者 所属(和/英) 株式会社 セック (略称: セック)
Systems Engineering Consultants Co., LTD. (略称: SEC)
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) 村永 和哉 / Kazuya Muranaga / ムラナガ カズヤ
第12著者 所属(和/英) 株式会社 セック (略称: セック)
Systems Engineering Consultants Co., LTD. (略称: SEC)
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 豊 / Yutaka Suzuki / スズキ ユタカ
第13著者 所属(和/英) 株式会社 セック (略称: セック)
Systems Engineering Consultants Co., LTD. (略称: SEC)
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) 小嶋 浩嗣 / Hirotsugu Kojima / コジマ ヒロツグ
第14著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-12-02 17:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SANE 
資料番号 IEICE-SANE2013-94 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.335 
ページ範囲 pp.133-138 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SANE-2013-11-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会