お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-11-29 10:55
ネットワーク符号化を用いたノード間リンクロス率の推定手法の評価について
福田洋治愛知教大)・白石善明神戸大)・毛利公美岐阜大ISEC2013-66 LOIS2013-32
抄録 (和) ネットワークトモグラフィは既存の通信パケットの観測やプローブパケットの送信,観測によりネットワーク内部のノード間の伝送トポロジやリンクロス,遅延等の特徴を推定する問題として知られている.本稿ではFragouliらのネットワーク符号化を用いたリンクロス率の推定手法に注目してネットワークやノードについての様々なパラメータの影響下でその性能をシミュレータを構築して評価,考察する. 
(英) Monitoring or inference of internal network characteristics, such as transmission topology, link losses and delay, from end to end measurements is commonly known as network tomography. In this paper, we focus on a method that Fragouli et al. have proposed for estimating link loss rates by using network coding and evaluate its performance in different parameter set by employing network simulator.
キーワード (和) ネットワークトモグラフィ / ネットワーク符号化 / リンクロス推定 / シミュレータ / / / /  
(英) Network tomography / Network coding / Link loss inference / Simulator / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 327, LOIS2013-32, pp. 45-50, 2013年11月.
資料番号 LOIS2013-32 
発行日 2013-11-21 (ISEC, LOIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ISEC2013-66 LOIS2013-32

研究会情報
研究会 ISEC LOIS  
開催期間 2013-11-28 - 2013-11-29 
開催地(和) 東北大学 
開催地(英) Tohoku Univ. 
テーマ(和) 情報セキュリティ,ライフログ活用技術,ライフインテリジェンス,オフィス情報システム,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 LOIS 
会議コード 2013-11-ISEC-LOIS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ネットワーク符号化を用いたノード間リンクロス率の推定手法の評価について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) on evaluation for estimating link loss rates by using network coding 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ネットワークトモグラフィ / Network tomography  
キーワード(2)(和/英) ネットワーク符号化 / Network coding  
キーワード(3)(和/英) リンクロス推定 / Link loss inference  
キーワード(4)(和/英) シミュレータ / Simulator  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 福田 洋治 / Youji Fukuta / フクタ ヨウジ
第1著者 所属(和/英) 愛知教育大学 (略称: 愛知教大)
Aichi University of Education (略称: Aichi Univ. of Education)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 白石 善明 / Yoshiaki Shiraishi / シライシ ヨシアキ
第2著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 毛利 公美 / Masami Mohri / モウリ マサミ
第3著者 所属(和/英) 岐阜大学 (略称: 岐阜大)
Gifu University (略称: Gifu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-11-29 10:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 LOIS 
資料番号 IEICE-ISEC2013-66,IEICE-LOIS2013-32 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.326(ISEC), no.327(LOIS) 
ページ範囲 pp.45-50 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ISEC-2013-11-21,IEICE-LOIS-2013-11-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会