お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-11-26 15:20
[招待講演]通信路符号化の理論における新しい潮流 ~ 有限長解析 ~
八木秀樹電通大IT2013-43
抄録 (和) 近年シャノン理論において,符号長を固定した元で達成可能な符号化レートの理論限界を求める``有限長解析"の研究が盛んに行われている.2011年に Hayashi と Polyanskiy, Poor, and Verdu がそれぞれ通信路符号化に関するこのテーマの研究で IEEE IT Society Paper Award を受賞したことは記憶に新しい.本稿では,特に通信路符号化と仮説検定の関係を利用した Polyanskiy らのアプローチから,有限長解析の基礎を中心に関連する研究成果をあわせて紹介する. 
(英) There has been a recent trend of studies which analyze the fundamental limit of achievable coding rates under a fixed code length in Shannon theory, and the research topic in this trend is referred to as ``finite blocklength analysis''. Papers authored by Hayashi and Polyanskiy, Poor, and Verdu have won 2011 IEEE IT Society Paper Award, boosting this topic in channel coding. This paper explains basic concepts and recent results of finite blocklength analysis especially from the approach of Polyanskiy et al., which makes full use of relationships between channel coding and hypothesis testing.
キーワード (和) 有限ブロック長解析 / 通信路容量 / channel dispersion / 2次符号化定理 / 仮説検定 / / /  
(英) finite blocklength analysis / channel capacity / channel dispersion / second-order coding theorem / hypothesis testing / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 319, IT2013-43, pp. 19-26, 2013年11月.
資料番号 IT2013-43 
発行日 2013-11-19 (IT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IT2013-43

研究会情報
研究会 IT  
開催期間 2013-11-26 - 2013-11-26 
開催地(和) 伊東ホテル聚楽 
開催地(英) Hotel Juraku 
テーマ(和) 若手研究者のための講演会(招待講演のみ) 
テーマ(英) Lectures for Young Researchers (Invited talks only) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IT 
会議コード 2013-11-IT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 通信路符号化の理論における新しい潮流 
サブタイトル(和) 有限長解析 
タイトル(英) A sweeping trend in theory of channel coding 
サブタイトル(英) finite blocklength analysis 
キーワード(1)(和/英) 有限ブロック長解析 / finite blocklength analysis  
キーワード(2)(和/英) 通信路容量 / channel capacity  
キーワード(3)(和/英) channel dispersion / channel dispersion  
キーワード(4)(和/英) 2次符号化定理 / second-order coding theorem  
キーワード(5)(和/英) 仮説検定 / hypothesis testing  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 八木 秀樹 / Hideki Yagi / ヤギ ヒデキ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
University of Electro-Communications (略称: Univ. of Electro-Comm.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-11-26 15:20:00 
発表時間 45 
申込先研究会 IT 
資料番号 IEICE-IT2013-43 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.319 
ページ範囲 pp.19-26 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-IT-2013-11-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会