お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-11-22 15:25
半波長ダイポールアンテナ近傍の空間インピーダンス近似計算法と電界強度推定への応用
中山 勝小林岳彦東京電機大EMCJ2013-96
抄録 (和) 以前の報告において,半波長ダイポールアンテナの近傍における空間インピーダンスを考慮した電界強度を推定する簡易式を提案した.空間インピーダンスは,半波長ダイポールアンテナの全長を2l,アンテナ素子の半径を$rho$としたとき,幾つかの代表的な2l/$rho$の場合についてMoMにより計算された.次にMoMで得た結果にPadé近似を適用し,半波長ダイポールアンテナの空間インピーダンスを算出する近似式を導出した.しかし,この近似式は,MoMによりシミュレーションされた特定の2l/$rho$のダイポールアンテナに対する空間インピーダンスに限られる.そこで,本研究では,Padé近似式のそれぞれの係数を算出するための近似式を導出した.これにより,MoMによるシミュレーションを利用しなくても任意の2l/$rho$のダイポールアンテナの空間インピーダンスを算出できた.すなわち,以前に報告した電界強度を推定する簡易式中の空間インピーダンスは,電卓や表計算ソフトの利用のみで簡単に算出することができるとともにダイポールアンテナ近傍の電界強度の算出が可能となった.さらに,これらを利用して電界プローブの校正を実施し,他の校正所の他の方法で実施された電界プローブの校正の結果と比較した. 
(英) The simple equation was proposed in the previous report, which was to estimate a field strength considering the wave impedance in the vicinity of the half-wavelength dipole antenna. The wave impedance was calculated by the MoM (Method of Moment) for some cases of the representative 2l/ρ, when the total length of the half-wavelength dipole antenna is 2l and the radius of the antenna element is ρ. Then, the Padé approximation was applied to the result obtained from the MoM and the approximate equation to calculate the wave impedance of the half-wavelength dipole antenna was derived. This approximate equation is, however, limited to the wave impedance for the specific dipole antenna of 2l/ρ, which was simulated by the MoM. In this study the approximate equation was derived to calculate each coefficient of the Padé approximate equation. This enabled the wave impedance of dipole antenna of the arbitrary 2l/ρ to be calculated without using a simulation by the MoM. That is to say the wave impedance in the simple equation to estimate the electric field strength previously reported can be calculated easily only with a calculator or a spreadsheet, and also the electric field strength in the vicinity of a dipole antenna can be calculated. Furthermore, the result of a field probe calibration, performed using the simple equation to estimate the electric field strength in consideration of the approximate equation of the wave impedance, was compared with the result obtained by another method carried out at another laboratory.
キーワード (和) 電界強度 / 近傍界 / 遠方界 / 放射イミュニティ試験 / 電界プローブ / Padé近似 / /  
(英) Electric field strength / near field / far field / radiated immunity test / electric field probe / Padé approximation / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 310, EMCJ2013-96, pp. 29-34, 2013年11月.
資料番号 EMCJ2013-96 
発行日 2013-11-15 (EMCJ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EMCJ2013-96

研究会情報
研究会 EMCJ  
開催期間 2013-11-22 - 2013-11-22 
開催地(和) 東京電機大 
開催地(英) Tokyo Denki Univ. 
テーマ(和) EMC, 一般 
テーマ(英) EMC 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMCJ 
会議コード 2013-11-EMCJ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 半波長ダイポールアンテナ近傍の空間インピーダンス近似計算法と電界強度推定への応用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Simplified calculation method of wave impedance for E-field strength estimation near half-wavelength dipole antennas 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 電界強度 / Electric field strength  
キーワード(2)(和/英) 近傍界 / near field  
キーワード(3)(和/英) 遠方界 / far field  
キーワード(4)(和/英) 放射イミュニティ試験 / radiated immunity test  
キーワード(5)(和/英) 電界プローブ / electric field probe  
キーワード(6)(和/英) Padé近似 / Padé approximation  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中山 勝 / Masaru Nakayama / ナカヤマ マサル
第1著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyou Denki University/EMC Kashima Corporation (略称: Tokyo Denki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 岳彦 / Takehiko Kobayashi / コバヤシ
第2著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyou Denki University/EMC Kashima Corporation (略称: Tokyo Denki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-11-22 15:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EMCJ 
資料番号 IEICE-EMCJ2013-96 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.310 
ページ範囲 pp.29-34 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EMCJ-2013-11-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会