お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-11-22 13:30
高効率検波器設計法の提案
祝 翔平嶋村 仁榊 裕翔西川健二郎鹿児島大MW2013-146 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2013-146
抄録 (和) 本論文は、低入力電力時における高効率整流回路の提案、実証を行った。整流回路は倍電圧型検波回路を提案する。入力整合回路は直列にマイクロストリップ線路、並列に二つのオープンスタブから構成される。オープンスタブは有効な入力電力まで電圧を上昇させ、適切な入力インピーダンスに整合する。出力回路はRF信号の抑制のためのコンデンサ、インダクタを挿入した。今回試作した整流回路は入力電力10dBm、周波数1.8GHzにおいてRF-DC変換効率87.5%を達成した。 
(英) This paper proposes and demonstrates a high-efficiency rectifier circuit at low-input power operation. The proposed rectifier circuit employs a double-voltage type configuration. The input matching circuit consists of a series transmission line and two open stubs in parallel. The open stubs effectively increase an input voltage swing to the diode and provide suitable input impedance matching. The output circuit employs a parallel capacitor and a series inductor, resulting in high suppression of RF signals. The fabricated rectifier circuit achieves RF-DC conversion efficiency of 87.5% at an input power of 10dBm and a frequency of 1.8GHz.
キーワード (和) 無線電力伝送(WPT) / 高効率 / 整流器 / RF-DC変換 / / / /  
(英) Wireless Power Transmission(WPT) / High-efficiency Rectifier / Rectifier / RF-DC Conversion / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 307, MW2013-146, pp. 85-90, 2013年11月.
資料番号 MW2013-146 
発行日 2013-11-14 (MW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MW2013-146 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2013-146

研究会情報
研究会 MW  
開催期間 2013-11-21 - 2013-11-22 
開催地(和) 鹿児島県文化センター 
開催地(英) Kagoshima Prefectural Culture Center 
テーマ(和) マイクロ波一般 
テーマ(英) Microwave Technologies 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MW 
会議コード 2013-11-MW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高効率検波器設計法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Design of High Efficiency Rectifier Circuit 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線電力伝送(WPT) / Wireless Power Transmission(WPT)  
キーワード(2)(和/英) 高効率 / High-efficiency Rectifier  
キーワード(3)(和/英) 整流器 / Rectifier  
キーワード(4)(和/英) RF-DC変換 / RF-DC Conversion  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 祝 翔平 / Shohei Iwai / イワイ ショウヘイ
第1著者 所属(和/英) 鹿児島大学 (略称: 鹿児島大)
Kagoshima University (略称: Kagoshima Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 嶋村 仁 / Hitoshi Shimamura / シマムラ ヒトシ
第2著者 所属(和/英) 鹿児島大学 (略称: 鹿児島大)
Kagoshima University (略称: Kagoshima Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 榊 裕翔 / Hiroto Sakaki / サカキ ヒロト
第3著者 所属(和/英) 鹿児島大学 (略称: 鹿児島大)
Kagoshima University (略称: Kagoshima Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 西川 健二郎 / Kenjiro Nishikawa / ニシカワ ケンジロウ
第4著者 所属(和/英) 鹿児島大学 (略称: 鹿児島大)
Kagoshima University (略称: Kagoshima Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-11-22 13:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 MW 
資料番号 IEICE-MW2013-146 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.307 
ページ範囲 pp.85-90 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MW-2013-11-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会