お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-11-22 16:50
[招待講演]放送、通信に用いる3周波数帯からの電磁波エネルギーの回収
北沢祥一鴨田浩和伴 弘司久々津直哉小林 聖ATR
抄録 (和) 我々は,生活空間に存在している放送や通信用の電磁波を対象としたエネルギーハーベスティングの研究開発を行っている.本報告では,回収対象とするV-Highマルチメディア放送(207.5-222MHz),地上波デジタル放送(470-710MHz),800MHz帯携帯電話基地局(860-890MHz)の電力束密度を,放送用送信所から11kmまでの見通し箇所で測定・評価した結果を示す.さらに開発した電磁波エネルギー回収用の2帯域,3帯域アンテナの評価結果,および試作したRF-DC変換回路と上記アンテナを組み合わせた,実環境における電磁波エネルギー回収実験の結果について述べる. 
(英) We have been conducting research and development of radio wave energy harvester that scavenges communication and broadcasting radio waves in common urban and suburban areas. The power flux density of V-high (207.5-222MHz), digital terrestrial broadcasting (470-710MHz), and mobile communication band (800MHz) radio waves were measured at the distances of up to 11 km from a TV broadcasting transmitter with line-of-sight conditions. Dual and triple band antennas that can capture those frequency bands were developed. Then, energy harvesting experiments were conducted under a real environment using the developed antennas with in-house RF-DC conversion circuits.
キーワード (和) エネルギーハーベスティング / 電力束密度 / アンテナ / RF-DC変換回路 / / / /  
(英) Energy harvesting / Power flux density, / RF-DC conversion circuit / / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 WPT  
開催期間 2013-11-22 - 2013-11-22 
開催地(和) 横須賀リサーチパーク YRP1番館 
開催地(英) Yokosuka Research Park 
テーマ(和) 無線電力伝送、一般 
テーマ(英) Wireless Power Transfer, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WPT 
会議コード 2013-11-WPT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 放送、通信に用いる3周波数帯からの電磁波エネルギーの回収 
サブタイトル(和)  
タイトル(英)
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) エネルギーハーベスティング / Energy harvesting  
キーワード(2)(和/英) 電力束密度 / Power flux density,  
キーワード(3)(和/英) アンテナ / RF-DC conversion circuit  
キーワード(4)(和/英) RF-DC変換回路 /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 北沢 祥一 / Shoichi Kitazawa / キタザワ ショウイチ
第1著者 所属(和/英) 株式会社 国際電気通信基礎技術研究所 (略称: ATR)
ATR (略称: ATR)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鴨田 浩和 / Hirokazu Kamoda / カモダ ヒロカズ
第2著者 所属(和/英) 株式会社 国際電気通信基礎技術研究所 (略称: ATR)
ATR (略称: ATR)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 伴 弘司 / Hiroshi Ban / バン ヒロシ
第3著者 所属(和/英) 株式会社 国際電気通信基礎技術研究所 (略称: ATR)
ATR (略称: ATR)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 久々津 直哉 / Naoya Kukutsu / ククツ ナオヤ
第4著者 所属(和/英) 株式会社 国際電気通信基礎技術研究所 (略称: ATR)
ATR (略称: ATR)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 聖 / Kiyoshi Kobayashi / コバヤシ キヨシ
第5著者 所属(和/英) 株式会社 国際電気通信基礎技術研究所 (略称: ATR)
ATR (略称: ATR)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-11-22 16:50:00 
発表時間 45 
申込先研究会 WPT 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会