お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-11-22 10:30
直交差動出力6ポートブランチライン型ハイブリッド回路の解析
津留正臣谷口英司三菱電機MW2013-143 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2013-143
抄録 (和) 本稿では,低挿入損失かつ簡易な構成でシングルエンドから直交差動波形が得られる6ポートブランチライン型ハイブリッド回路の解析を行ったので報告する.直交変復調方式を用いた通信装置などでは,小型・低コスト化のためにSiプロセスによるRFフロントエンドが用いられているとともに,多値化にともない局発源の低位相雑音化が求められている.しかしながら,位相雑音は一般的にはGaAsプロセスによる発振器のほうが良好である.GaAsプロセスによる発振器とSi-RFフロントエンドとのマルチチップ構成とする場合,発振器の出力はシングルエンドであることが多いために,本ハイブリッド回路のような直交差動波形への変換回路が有用と考えられる.
解析した結果,本ハイブリッド回路を構成する全て(10本)のλ/4伝送線路の特性インピーダンスが負荷インピーダンスと等しいとき,等出力電力かつ直交差動出力が得られることを導出した. 
(英) This paper describes an analysis result of a six-port branch-line type hybrid circuit for an I/Q differential output oscillator in an I/Q modulation communication system. The system consists of a Si RF front-end for decreasing size and cost. A multi-quadrature modulation scheme requires for a low phase noise oscillator. Generally, a GaAs oscillator has lower phase noise. If the system consists of the Si RF front-end and the GaAs oscillator, it needs a circuit which converts a single-ended signal to an I/Q differential signal.
The analysis result shows that the hybrid circuit converts a single-ended signal to an I/Q differential signal with balanced output power if all λ/4 transmission lines of the hybrid circuit have characteristic impedance equal to load impedance.
キーワード (和) ハイブリッド回路 / ブランチライン / 6ポート / 直交差動 / シングルエンド / / /  
(英) Hybrid Circuit / Branch Line / Six-ports / I/Q differential / Single-end / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 307, MW2013-143, pp. 69-73, 2013年11月.
資料番号 MW2013-143 
発行日 2013-11-14 (MW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MW2013-143 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2013-143

研究会情報
研究会 MW  
開催期間 2013-11-21 - 2013-11-22 
開催地(和) 鹿児島県文化センター 
開催地(英) Kagoshima Prefectural Culture Center 
テーマ(和) マイクロ波一般 
テーマ(英) Microwave Technologies 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MW 
会議コード 2013-11-MW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 直交差動出力6ポートブランチライン型ハイブリッド回路の解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Analysis of an I/Q differential Output Six-ports Branch Line Type Hybrid Circuit 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ハイブリッド回路 / Hybrid Circuit  
キーワード(2)(和/英) ブランチライン / Branch Line  
キーワード(3)(和/英) 6ポート / Six-ports  
キーワード(4)(和/英) 直交差動 / I/Q differential  
キーワード(5)(和/英) シングルエンド / Single-end  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 津留 正臣 / Masaomi Tsuru / ツル マサオミ
第1著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric Corp.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷口 英司 / Eiji Taniguchi / タニグチ エイジ
第2著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric Corp.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-11-22 10:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 MW 
資料番号 IEICE-MW2013-143 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.307 
ページ範囲 pp.69-73 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-MW-2013-11-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会