電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-11-22 11:35
QAM信号を一次変調に用いた差動時空間符号化方式の検討
梅田周作加藤泰典塚本 薫岡崎彰浩石津文雄三菱電機RCS2013-199
抄録 (和) 本稿では,非定包絡線変調を用いた場合でも信号振幅の分散拡大を抑圧できる,差動時空間符号化(DSTBC: Differential Space-Time Block Coding)を提案する.DSTBC方式は,送信アンテナ数を増やすことにより伝送品質を向上させる送信ダイバシティ方式の一つであり,伝送路情報を必要とせずに変調信号を推定でき,フェージング変動に対して強いという利点がある.しかしながら,DSTBC方式は,一次変調として,QAM (Quadrature Amplitude Modulation)信号やAPSK (Amplitude Phase Shift Keying)信号を例とする非定包絡線変調を用いた場合,差動符号化により,送信信号の振幅分散が拡大する.そのため,電力増幅器に起因して非線形歪みの発生する.また,DSTBC方式とOFDM(Orthogonal Frequency Division Multiplexing)を組み合わせたDSTBC-OFDM方式においては,平均電力に対して著しく低い電力の信号が発生する確率の上昇により,特性が劣化する.提案方式である,電力正規化型DSTBC方式では,差動符号化して得られた差動信号に対して,正規化を行うことにより,送信信号の振幅分散の拡大を抑圧と送信ダイバシティにより伝送品質を向上させる.本提案方式の有効性を確認するために計算機シミュレーションを実施し,QAM信号を用いた際に送信振幅の分散が抑圧できること,及び,従来方式と比較してAWGN環境においてFER特性が改善することを示す. 
(英) This paper proposes a new Differential Space-Time Block Coding (DSTBC) method that can apply non-constant envelope modulation, by suppressing increase of the amplitude variation. DSTBC is the method that is a combination of differential coding and space-time block coding. It can achieve transmit diversity without channel information, and it is tolerant of fading. However, as a first-modulation signals, DSTBC cannot apply non-constant envelope modulation, such as QAM (Quadrature Amplitude Modulation) and APSK (Amplitude Phase Shift Keying). Differential coding with non-constant envelope modulation get higher variance of signal amplitudes as the size of frame is larger. High amplitude variation causes the high PAPR, then DSTBC suffers from waveform distortion caused by a nonlinear transmit power amplifier. Furthermore, DSTBC-OFDM, the combination of DSTBC and OFDM (Orthogonal Frequency Division Multiplexing), with non-constant envelope modulation, degrades the performance because of the increase of probability of the signals with the remarkably small power. The proposed method, power normalized DSTBC can reduce the expansion of amplitude variation and realize the transmit diversity, by normalizing the differential signals by previous signal amplitude. Computer simulations demonstrate that power normalized DSTBC can alleviate the amplitude variation of differential signals, and improve the FER performance in AWGN channels.
キーワード (和) DSTBC / 送信ダイバシティ / QAM信号 / 非定包絡線変調 / / / /  
(英) DSTBC / Transmit Diversity / QAM / Non-Constant Envelope Modulation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 301, RCS2013-199, pp. 147-152, 2013年11月.
資料番号 RCS2013-199 
発行日 2013-11-13 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2013-199

研究会情報
研究会 RCS AP  
開催期間 2013-11-20 - 2013-11-22 
開催地(和) 松江テルサ 
開催地(英) Matsue Terrsa 
テーマ(和) アダプティブアンテナ,等化,干渉キャンセラ,MIMO,無線通信,一般 
テーマ(英) Adaptive Antenna, Equalization, Interference Canceller, MIMO, Wireless Communication Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2013-11-RCS-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) QAM信号を一次変調に用いた差動時空間符号化方式の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Differential Space Time Block Coding using QAM Signals in First Modulation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) DSTBC / DSTBC  
キーワード(2)(和/英) 送信ダイバシティ / Transmit Diversity  
キーワード(3)(和/英) QAM信号 / QAM  
キーワード(4)(和/英) 非定包絡線変調 / Non-Constant Envelope Modulation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 梅田 周作 / Shusaku Umeda / ウメダ シュウサク
第1著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 泰典 / Yasunori Kato / カトウ ヤスノリ
第2著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 塚本 薫 / Kaoru Tsukamoto / ツカモト カオル
第3著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡崎 彰浩 / Akihiro Okazaki / オカザキ アキヒロ
第4著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 石津 文雄 / Fumio Ishizu / イシズ フミオ
第5著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-11-22 11:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2013-199 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.301 
ページ範囲 pp.147-152 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2013-11-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会