お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-11-22 10:25
受動的移動運動中のマウスにおける頭部加速度と海馬脳波の測定と解析
石川大晃片山統裕辛島彰洋中尾光之東北大MBE2013-67
抄録 (和) 探索行動や学習,レム睡眠中のげっ歯類の海馬ではθ波が観察される.
海馬θ波の振幅や周波数は,様々な感覚入力により修飾を受けることが知られている.本研究では,受動的な周期的移動運動をマウスに負荷したときの頭部加速度と海馬脳波を同時記録し,受動運動によって生じる加速度及び速度由来の感覚入力が海馬脳波に及ぼす影響を解析した.1-4 Hzの受動的移動運動を負荷したところ,海馬脳波に受動運動と同じ周波数の周期成分が観察された.また周波数が高いほど海馬θ波(6-9 Hz)のパワーが大きくなる傾向が観察された.これらの結果は海馬脳波が感覚入力の時間変化により強く影響されることを示唆する. 
(英) When a rodent is running, learning and having REM sleep, a rhythmic EEG activity at 6-9 Hz, called the hippocampal theta rhythm, is observed in the hippocampus of the rodent. It is well known that the frequency and the amplitude of the theta rhythm are modulated by the several types of modality of sensation including the vestibular sensation, which is one of the most effective to the rhythm. In this study, we simultaneously recorded the head acceleration and the hippocampal EEG of mice during a passive periodic movement to analyze the effect of frequency and power of the passive movement on the hippocampal EEG. When a periodic movement at 1-4 Hz is loaded to the mouse, the power of hippocampal theta EEG (6-9 Hz) increased with an increase of the frequency. In addition, the power of the hippocampal EEG at the moving frequency also increase during the passive movement. These results suggest the strong influence of the vestibular sensation to the hippocampal EEG activity.
キーワード (和) 前庭感覚 / 海馬 / シータリズム / 受動運動 / 加速度 / 速度 / /  
(英) Vestibular sensation / Hippocampus / Theta rhythm / Passive movement / Acceleration / Velocity / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 314, MBE2013-67, pp. 7-11, 2013年11月.
資料番号 MBE2013-67 
発行日 2013-11-15 (MBE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MBE2013-67

研究会情報
研究会 NC MBE  
開催期間 2013-11-22 - 2013-11-23 
開催地(和) 東北大学 
開催地(英) Tohoku University 
テーマ(和) BCI/BMIとその周辺, 一般 
テーマ(英) BCI/BMI, NC and MBE 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2013-11-NC-MBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 受動的移動運動中のマウスにおける頭部加速度と海馬脳波の測定と解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Measurement and analysis of head acceleration and hippocampal EEG from mice during passive movement 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 前庭感覚 / Vestibular sensation  
キーワード(2)(和/英) 海馬 / Hippocampus  
キーワード(3)(和/英) シータリズム / Theta rhythm  
キーワード(4)(和/英) 受動運動 / Passive movement  
キーワード(5)(和/英) 加速度 / Acceleration  
キーワード(6)(和/英) 速度 / Velocity  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 石川 大晃 / Hiroaki Ishikawa / イシカワ ヒロアキ
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 片山 統裕 / Norihiro Katayama / カタヤマ ノリヒロ
第2著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 辛島 彰洋 / Akihiro Karashima / カラシマ アキヒロ
第3著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 中尾 光之 / Mitsuyuki Nakao / ナカオ ミツユキ
第4著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-11-22 10:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MBE 
資料番号 IEICE-MBE2013-67 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.314 
ページ範囲 pp.7-11 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-MBE-2013-11-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会