電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-11-21 17:50
[招待講演]高速時変伝送路に適した差動時空符号化とその無線通信システムへの応用
久保博嗣立命館大AP2013-115 RCS2013-193
抄録 (和) 本報告では,高速に変動する伝送路に有効な伝送路予測を用いた差動時空符号化を比較し,これら差動時空符号化が有効な無線通信システムに関して論じる.差動時空ブロック符号 (DSTBC) と差動時空トレリス符号 (DSTTC) をはじとする差動時空符号化は,高速に変動するフェージング環境に有効であることが知られている.近年,差動時空符号化に予測の概念を適用し,その追随特性を改善する方式が検討されている.加えて,このような高速時変伝送路に有効な無線伝送方式の活用領域として,単一周波数の同報通信に加えて,水中音響通信への適用の検討が活発化しつつある.本報告では,差動時空符号化のこれらの分野への応用の可能性に関して概観する. 
(英) This paper makes a brief comparison of differential space-time coding with channel prediction for fast time-varying channels, and discusses possibilities of its applications to wireless communication systems. It is well known that differential space-time coding, e.g., differential space-time block coding (DSTBC) and differential space-time trellis coding (DSTTC), is a good remedy for fast time-varying fading channels. Recently, it has been confirmed that differential space-time coding employing channel prediction improves its tracking capability for fast time-varying fading channels. In addition, application areas of these differential space-time coding are not only single frequency network communication systems but also underwater acoustic communications (UWAC). This paper makes a brief discussion on possibilities in applications of differential space-time coding to these new areas.
キーワード (和) 差動時空符号化 / 高次伝送路予測 / 高速フェージング / 単一周波数ネットワーク / 音響通信 / / /  
(英) Differential Space-Time Coding / High Order Channel Prediction / Fast Time-Varying Fading / Single Frequency Network / Underwater Acoustic Communications / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 301, RCS2013-193, pp. 111-116, 2013年11月.
資料番号 RCS2013-193 
発行日 2013-11-13 (AP, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AP2013-115 RCS2013-193

研究会情報
研究会 RCS AP  
開催期間 2013-11-20 - 2013-11-22 
開催地(和) 松江テルサ 
開催地(英) Matsue Terrsa 
テーマ(和) アダプティブアンテナ,等化,干渉キャンセラ,MIMO,無線通信,一般 
テーマ(英) Adaptive Antenna, Equalization, Interference Canceller, MIMO, Wireless Communication Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2013-11-RCS-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高速時変伝送路に適した差動時空符号化とその無線通信システムへの応用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Differential Space-Time Coding for Fast Time-Varying Channels and its Applications to Wireless Communication Systems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 差動時空符号化 / Differential Space-Time Coding  
キーワード(2)(和/英) 高次伝送路予測 / High Order Channel Prediction  
キーワード(3)(和/英) 高速フェージング / Fast Time-Varying Fading  
キーワード(4)(和/英) 単一周波数ネットワーク / Single Frequency Network  
キーワード(5)(和/英) 音響通信 / Underwater Acoustic Communications  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 久保 博嗣 / Hiroshi Kubo / クボ ヒロシ
第1著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-11-21 17:50:00 
発表時間 45 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-AP2013-115,IEICE-RCS2013-193 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.300(AP), no.301(RCS) 
ページ範囲 pp.87-92(AP), pp.111-116(RCS) 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2013-11-13,IEICE-RCS-2013-11-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会