電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-11-21 10:25
QRM-MLDとチャネルランキングを適用したHTRCI-MIMO/OFDMにおける非線形高速フェージング補償
井田悠太山口大)・夜船誠致広島市大)・安 昌俊千葉大)・松元隆博松藤信哉山口大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 多入力多出力(MIMO)アンテナを用いた直交周波数分割多重(OFDM)は膨大な計算量を要求する.この問題を解決するために,Mアルゴリズムに基づくQR分解を適用した最大尤度検波(QRM-MLD)とチャネルランキング,HTRCI法を用いたMIMO/OFDMが提案されている.高速フェージング環境下では,パケット後半で多くの誤りが起きるため直接検波法が提案されているが,適応間隔毎の繰り返し処理を要求する.それゆえ,本論文はQRM-MLDとチャネルランキングを適用したHTRCI-MIMO/OFDMにおける非線形予測法を提案する.シミュレーション結果から,提案法は最良のビット誤り率(BER)特性を示した. 
(英) In multiple-input multiple-output orthogonal frequency division multiplexing (MIMO/OFDM) systems, large complexity is considerable work. To mitigate this problem, high time resolution carrier interferometry (HTRCI) for MIMO/OFDM applying QR decomposition with M algorithm maximum likelihood detection (QRM-MLD) and channel ranking has been proposed. In the fast fading environment, since many errors are occurred in the last part of packet, the decision direct method has been proposed. However, it requires the repeat process. Therefore, in this paper, we propose the non-linear prediction method for a HTRCI-MIMO/OFDM with QRM-MLD and channel ranking. From the simulation result, the proposed method shows the best BER performance.
キーワード (和) MIMO / OFDM / HTRCI / QRM-MLD / チャンネルランキング / 非線形重み / /  
(英) MIMO / OFDM / HTRCI / QRM-MLD / Channel ranking / Non-linear weight / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 301, RCS2013-186, pp. 73-77, 2013年11月.
資料番号 RCS2013-186 
発行日 2013-11-13 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS AP  
開催期間 2013-11-20 - 2013-11-22 
開催地(和) 松江テルサ 
開催地(英) Matsue Terrsa 
テーマ(和) アダプティブアンテナ,等化,干渉キャンセラ,MIMO,無線通信,一般 
テーマ(英) Adaptive Antenna, Equalization, Interference Canceller, MIMO, Wireless Communication Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2013-11-RCS-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) QRM-MLDとチャネルランキングを適用したHTRCI-MIMO/OFDMにおける非線形高速フェージング補償 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Non-linear Fast Fading Compensation for HTRCI-MIMO/OFDM with QRM-MLD and Channel Ranking 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) MIMO / MIMO  
キーワード(2)(和/英) OFDM / OFDM  
キーワード(3)(和/英) HTRCI / HTRCI  
キーワード(4)(和/英) QRM-MLD / QRM-MLD  
キーワード(5)(和/英) チャンネルランキング / Channel ranking  
キーワード(6)(和/英) 非線形重み / Non-linear weight  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 井田 悠太 / Yuta Ida / イダ ユウタ
第1著者 所属(和/英) 山口大学 (略称: 山口大)
Yamaguchi University (略称: Yamaguchi Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 夜船 誠致 / Masanori Yofune / ヨフネ マサノリ
第2著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 安 昌俊 / Chang-Jun Ahn / アン チャンジュン
第3著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 松元 隆博 / Takahiro Matsumoto / マツモト タカヒロ
第4著者 所属(和/英) 山口大学 (略称: 山口大)
Yamaguchi University (略称: Yamaguchi Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 松藤 信哉 / Shinya Matsufuji / マツフジ シンヤ
第5著者 所属(和/英) 山口大学 (略称: 山口大)
Yamaguchi University (略称: Yamaguchi Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-11-21 10:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2013-186 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.301 
ページ範囲 pp.73-77 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-RCS-2013-11-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会