電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-11-21 10:00
ひずみ成分の周波数依存性を補償するディジタルプリディストータのデュアルバンド化
鈴木恭宜大河原純哉楢橋祥一NTTドコモエレソ技報アーカイブへのリンク:MW2013-132
抄録 (和) ひずみ成分の周波数依存性を補償するディジタルプリディストータ(DPDL)におけるデュアルバンド構成を提案する.デュアルバンドDPDL構成は,それぞれの帯域に生じる相互変調ひずみ成分を補償する経路と,2帯域の相互変調により生じる相互変調ひずみ成分を補償する経路により構成される.デュアルバンド化に伴いDPDLで制御する係数の数がシングルバンド対応DPDLの4倍になる.リアルタイム動作の課題は係数設定アルゴリズムの高速化と演算量削減にある.本稿では,デュアルバンドDPDL構成の妥当性を実験で検証するとともに,適応的に係数を探索するアルゴリズムと,測定結果から係数を算出するアルゴリズムの理論特性比較によりデュアルバンドDPDL構成に適した係数設定アルゴリズムを考察する. 
(英) This paper presents a dual-band digital predistortion linearizer (DPDL) compensating frequency-dependent imtertmodualtion distortion (IMD) components. The dual-band DPDL has two distortion-compensation paths. One is to compensate for in-band IMD components of transmitted signal. The other is to compensate for cross-band IMD components when two transmitted signals are fed into power amplifier. Number of coefficients of the dual-band DPDL is four times that of single-band DPDL. The key to successful dual-band DPDL for real-time operation is to realize faster convergence and less calculation-cost of coefficient-setting algorithm. This paper shows the validity of the dual-band DPDL configuration by experimental investigation and discusses suitable coefficient-setting algorithm base on theoretical comparison between an adaptive algorithm and a calculation algorithm employing measurement data.
キーワード (和) ディジタルプリディストータ / デュアルバンド / 係数設定 / / / / /  
(英) Digital Predistorter / Dualband / Coefficient Setting / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 307, MW2013-132, pp. 5-10, 2013年11月.
資料番号 MW2013-132 
発行日 2013-11-14 (MW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

研究会情報
研究会 MW  
開催期間 2013-11-21 - 2013-11-22 
開催地(和) 鹿児島県文化センター 
開催地(英) Kagoshima Prefectural Culture Center 
テーマ(和) マイクロ波一般 
テーマ(英) Microwave Technologies 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MW 
会議コード 2013-11-MW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ひずみ成分の周波数依存性を補償するディジタルプリディストータのデュアルバンド化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Dual-Band Linearization of Digital Predistorter Compensating Frequency-Dependent IMD components 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ディジタルプリディストータ / Digital Predistorter  
キーワード(2)(和/英) デュアルバンド / Dualband  
キーワード(3)(和/英) 係数設定 / Coefficient Setting  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 恭宜 / Yasunori Suzuki / スズキ ヤスノリ
第1著者 所属(和/英) NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO (略称: DOCOMO)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大河原 純哉 / Junya Ohkawara / オオカワラ ジュンヤ
第2著者 所属(和/英) NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO (略称: DOCOMO)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 楢橋 祥一 / Shoichi Narahashi / ナラハシ ショウイチ
第3著者 所属(和/英) NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO (略称: DOCOMO)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-11-21 10:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 MW 
資料番号 IEICE-MW2013-132 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.307 
ページ範囲 pp.5-10 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MW-2013-11-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会