電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-11-21 15:25
データセンタ間ライブマイグレーション環境におけるネットワーク全体の遅延の総和を削減する方式の提案
永渕幸雄寺本泰大岸 寿春小山高明北爪秀雄NTT
抄録 (和) 近年の仮想化技術の発展により,データセンタ(DC)間を跨がったライブ
マイグレーションが利用されている.
この利用環境では,ネットワーク仮想化技術を使ったDCを跨がる論理L2NWが使われる.
論理L2NWに接続されるVMとデフォルトゲートウェイが異なるDCにある場合,外部との接続は,DCを跨がった経路になり冗長である.
従って,各DCにルータを設置し,VMと同一DCのルータ経由で外部NWと接続することが望ましい.
本稿では,前記のNWトポロジにおいて,クラウドコントローラが複数のユーザ端末から任意のVMに対するTCPセッション数を各DCの境界ルータで収集し,VM・ユーザ端末間の遅延から各DCにVMを設置した場合の遅延の総和(コスト)を事前に計算し,この値が最小となるDCにVMのマイグレーションを実施することで,ネットワーク全体の遅延の総和を削減する方式の提案を行う.
また,シミュレーションを用いて提案方式の効果を示す. 
(英) Virtual Machines (VMs) and network virtualization technologies have been widely used for cloud computing.
Active VMs can move to other execution environments, an action called ``live migration."
VMs must have the same IP address before and after migration.
Therefore, live migration must be in the same IP segment.
For this reason, network virtualization technologies are used to make a wide area L2 network between data centers (DC).
Such L2 networks have a redundant route problem resulting from the distance between a paticular VM and the default gateway.
To solve this problem, each DC has a default gateway and VMs use the nearest default gateway.
In this paper, we propose a live migration system based on collecting the number of TCP sessions of arbitrary VM from boundary routers, and calculating delay between a VM and user terminals using preset delay information in above network topology.
Using this system, we can reduce whole network delay. We also show the effect of our proposal system using a simulation.
キーワード (和) 仮想マシン / VM / 仮想化技術 / ライブマイグレーション / 遅延削減 / データセンタ / /  
(英) Virtual machine / VM / Network virtualization technologies / live migration / delay reduction / datacenter / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 303, IN2013-88, pp. 7-12, 2013年11月.
資料番号 IN2013-88 
発行日 2013-11-14 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MoNA IN  
開催期間 2013-11-21 - 2013-11-22 
開催地(和) 熊本大学 
開催地(英) Kumamoto University 
テーマ(和) ホームネットワーク、ユビキタスネットワーク、モバイルネットワーク、クラウドコンピューティング、コンテキストウェア、位置情報サービス、e-コマース、モバイルアプリケーションおよび一般 
テーマ(英) Home Area Network (HAN), Ubiquitous Network, Mobile Network, Cloud Computing, Contextware, Location Information Service, Mobile Application, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2013-11-MoNA-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) データセンタ間ライブマイグレーション環境におけるネットワーク全体の遅延の総和を削減する方式の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Proposal of the usage of the VM migration to reduce whole network delay in the live migration environment between datacenters 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 仮想マシン / Virtual machine  
キーワード(2)(和/英) VM / VM  
キーワード(3)(和/英) 仮想化技術 / Network virtualization technologies  
キーワード(4)(和/英) ライブマイグレーション / live migration  
キーワード(5)(和/英) 遅延削減 / delay reduction  
キーワード(6)(和/英) データセンタ / datacenter  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 永渕 幸雄 / Yukio Nagafuchi / ナガフチ ユキオ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 寺本 泰大 / Yasuhiro Teramoto / テラモト ヤスヒロ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岸 寿春 / Toshiharu Kishi / キシ トシハル
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 小山 高明 / Takaaki Koyama / コヤマ タカアキ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 北爪 秀雄 / Hideo Kitazume /
第5著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-11-21 15:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2013-88 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.303 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2013-11-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会