電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-11-21 10:00
QZSSショートメッセージSS-CDMA通信における周波数偏差の影響
平 明徳三宅裕士亀田 卓末松憲治高木 直坪内和夫東北大RCS2013-185
抄録 (和) 日本の天頂付近に8時間程度留まることが可能な準天頂衛星(QZS)を活用し,高精度な位置情報とポケベル程度の簡単なデータ/メッセージを双方向通信できる準天頂衛星システム(QZSS)の開発が進められている.
本稿では,長拡散符号を用いたスペクトラム拡散(SS)を用いて,高い拡散利得の確保と数100万に及ぶ多数のユーザ収容を目指すSS-CDMA方式における周波数偏差の影響について検討を行った.限られた送信電力で,端末と衛星間で直接通信を行うためにSSは非常に有効であるが,多重ユーザ数が大きくなることからユーザ間の符号直交を確保することが重要となる.本稿では全端末がQZSSの測位信号により時間・周波数領域で同期する送信周波数制御方式を提案し,各ユーザに巡回シフトした直交M系列を割当てた場合の伝送特性について,計算機シミュレーションによる評価を行った.その結果,1チップシフトの符号をユーザに割り当てるフルロードに近い条件(1024拡散,1000ユーザ多重)において,ユーザ間の残留周波数オフセット量をシンボルレートの1/8以下に抑えれば,特性劣化を1.0 dB以下とできることを明らかにした. 
(英) Quasi-Zenith Satellite System (QZSS) is expected to provide a high accurate positioning service and allows two-way communication which includes the terminal location and short messages. In this paper, SS-CDMA system performance with frequency offset among terminals and phase noise is evaluated.
SS-CDMA realizes the direct access from terminals to the satellite and many users simultaneous transmission using large spreading factor SS-codes. In order to achieve this objective, keeping orthogonality among all terminals is important issue. We propose a novel transmit AFC (Automatic Frequency Control) method in which all terminals are synchronized in time and frequency domains using QZSS. BER performances in 1024 chip SS-code and 1000 user multiplexing condition are shown. Each user is assigned 1 chip rotational shift SS-code based on an orthogonal M-sequence. 1/8 normalized frequency offset in symbol rate can provides the performance with less than 1.0 dB $E_b/N_0$ degradation.
キーワード (和) 準天頂衛星 / 衛星通信 / GPS (Global Positioning System) / スペクトラム拡散 / 符号分割多元接続 / SS-CDMA / 周波数同期 / 位相雑音  
(英) Quasi-Zenith Satellite System (QZSS) / satellite communication / Global Positioning System (GPS) / Spread Spectrum Code Division Multiple Access (SS-CDMA) / frequency synchronization / phase noise / Automatic Frequency Control (AFC) /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 301, RCS2013-185, pp. 67-72, 2013年11月.
資料番号 RCS2013-185 
発行日 2013-11-13 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2013-185

研究会情報
研究会 RCS AP  
開催期間 2013-11-20 - 2013-11-22 
開催地(和) 松江テルサ 
開催地(英) Matsue Terrsa 
テーマ(和) アダプティブアンテナ,等化,干渉キャンセラ,MIMO,無線通信,一般 
テーマ(英) Adaptive Antenna, Equalization, Interference Canceller, MIMO, Wireless Communication Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2013-11-RCS-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) QZSSショートメッセージSS-CDMA通信における周波数偏差の影響 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Perfomance Evaluation of QZSS Short Message Communication SS-CDMA with Frequency Offset 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 準天頂衛星 / Quasi-Zenith Satellite System (QZSS)  
キーワード(2)(和/英) 衛星通信 / satellite communication  
キーワード(3)(和/英) GPS (Global Positioning System) / Global Positioning System (GPS)  
キーワード(4)(和/英) スペクトラム拡散 / Spread Spectrum Code Division Multiple Access (SS-CDMA)  
キーワード(5)(和/英) 符号分割多元接続 / frequency synchronization  
キーワード(6)(和/英) SS-CDMA / phase noise  
キーワード(7)(和/英) 周波数同期 / Automatic Frequency Control (AFC)  
キーワード(8)(和/英) 位相雑音 /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 平 明徳 / Akinori Taira / タイラ アキノリ
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 三宅 裕士 / Yuji Miyake / ミヤケ ユウジ
第2著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 亀田 卓 / Suguru Kameda / カメダ スグル
第3著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 末松 憲治 / Noriharu Suematsu / スエマツ ノリハル
第4著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 高木 直 / Tadashi Takagi / タカギ タダシ
第5著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 坪内 和夫 / Kazuo Tsubouchi / ツボウチ カズオ
第6著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-11-21 10:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2013-185 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.301 
ページ範囲 pp.67-72 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2013-11-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会