電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-11-21 15:50
複数アクティブ型仮想ルータ,仮想L3FWの効果に関する一報告
小山高明岸 寿春井上朋子永渕幸雄北爪秀雄NTT
抄録 (和) NW仮想化技術,仮想NWアプライアンスの発展により,複数データセンタ(DC)に分散して仮想マシン(VM)を置くことが可能となった.しかし,VMと外部NWとの接続のため に仮想ルータを1DCに構築すると,VMは,仮想ルータの設置されたDCを経由して外部NWと接続せねばならず,VMと仮想ルータが異なるDCに存在する場合は通信経路が遠回りとなる懸念が存在する.そこで我々は2013年7月IN研での"データセンタ間ライブマイグレーション環境における冗長経路回避に向けた経路制御方式の提案"にて"複数アクティブ型仮想ルータ"を提案した.本論文では,"複数アクティブ型仮想ルータ"の適用可能なユースケースを紹介し,実機の確認結果を報告する. 
(英) The development of the network virtualization technology and the virtual network appliance enables us to set the several VM in the multiple DC.
However,in case the virtual router is set in the particular DC for the connection between VM and the external VM,there is a concern that it leads the roundabout communication when VM and virtual router are not set in the same DC.Then on July 2013 we proposed "Multiple active virtual routers" at our "Proposal of reducing network delay on the wide area live migration network".In this paper we introduce the actual use cases available with this "Multiple active virtual routers".
キーワード (和) クラウドネットワーク / NW仮想化技術 / 仮想NWアプライアンス / 仮想ルータ / 仮想L3FW / ライブマイグレーション / トロンボーン現象 /  
(英) Cloud network / Network virtualization technologies / Virtual network appliance / Virtual router / Virtual L3 Firewall(L3FW) / Live migration / Trombone traffic /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 303, IN2013-89, pp. 13-18, 2013年11月.
資料番号 IN2013-89 
発行日 2013-11-14 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MoNA IN  
開催期間 2013-11-21 - 2013-11-22 
開催地(和) 熊本大学 
開催地(英) Kumamoto University 
テーマ(和) ホームネットワーク、ユビキタスネットワーク、モバイルネットワーク、クラウドコンピューティング、コンテキストウェア、位置情報サービス、e-コマース、モバイルアプリケーションおよび一般 
テーマ(英) Home Area Network (HAN), Ubiquitous Network, Mobile Network, Cloud Computing, Contextware, Location Information Service, Mobile Application, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2013-11-MoNA-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 複数アクティブ型仮想ルータ,仮想L3FWの効果に関する一報告 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Report on effects of multiple active virtual routers and L3FWs 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) クラウドネットワーク / Cloud network  
キーワード(2)(和/英) NW仮想化技術 / Network virtualization technologies  
キーワード(3)(和/英) 仮想NWアプライアンス / Virtual network appliance  
キーワード(4)(和/英) 仮想ルータ / Virtual router  
キーワード(5)(和/英) 仮想L3FW / Virtual L3 Firewall(L3FW)  
キーワード(6)(和/英) ライブマイグレーション / Live migration  
キーワード(7)(和/英) トロンボーン現象 / Trombone traffic  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小山 高明 / Takaaki Koyama / コヤマ タカアキ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岸 寿春 / Toshiharu Kishi / キシ トシハル
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 朋子 / Tomoko Inoue / イノウエ トモコ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 永渕 幸雄 / Yukio Nagafuchi / ナガフチ ユキオ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 北爪 秀雄 / Hideo Kitazume / キタヅメ ヒデオ
第5著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-11-21 15:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2013-89 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.303 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2013-11-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会