電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-11-20 15:25
カオスMIMO-OFDM伝送の復号計算量削減に関する検討
稲葉悠馬岡本英二名工大RCS2013-179
抄録 (和) 第三者を経由してデータを伝送する無線マルチホップ通信には安全性の確保が必要となる.そこで我々はカオス通信の原理を導入し,通信路符号化効果及び物理層秘匿性を有するカオスMIMO通信方式を提案した.ただし,この手法は復号側の計算量の増加と引き換えに通信路符号化効果を得ることができるものであり,計算量の削減が課題であった.そこで本稿では復号計算量削減手法をカオスMIMO-OFDM伝送に適用し,BER特性の評価を計算機シミュレーションにより行う. 
(英) Wireless multihop communications are expected to assist the development of a smart community in which social infrastructures are comprehensively controlled. In the wireless multihop transmission, personal data are forwarded by the third person so that the wireless security is indispensable. In current wireless systems, the security is ensured by encryption at the upper layers. However, a radio wave is not encrypted at the physical-layer and the security is not ensured there. Accordingly, we have proposed a chaos multiple-input multiple-output orthogonal frequency division multiplexing (MIMO-OFDM) scheme having physical-layer encryption and channel-coding abilities. However, this scheme obtains channel-coding gain in tradeoff with decoding complexity increase, and reduction of it is needed. Therefore, in this paper, we apply QRM-MLD scheme that reduces the complexity of MLD into the chaos MIMO-OFDM scheme and evaluate the bit error rate (BER) performance by computer simulation.
キーワード (和) マルチホップ通信 / 暗号化 / カオス / MIMO / / / /  
(英) multihop communications / encryption / chaos / MIMO / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 301, RCS2013-179, pp. 31-36, 2013年11月.
資料番号 RCS2013-179 
発行日 2013-11-13 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2013-179

研究会情報
研究会 RCS AP  
開催期間 2013-11-20 - 2013-11-22 
開催地(和) 松江テルサ 
開催地(英) Matsue Terrsa 
テーマ(和) アダプティブアンテナ,等化,干渉キャンセラ,MIMO,無線通信,一般 
テーマ(英) Adaptive Antenna, Equalization, Interference Canceller, MIMO, Wireless Communication Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2013-11-RCS-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) カオスMIMO-OFDM伝送の復号計算量削減に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Reduction of Decoding Complexity in Chaos MIMO-OFDM Scheme 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マルチホップ通信 / multihop communications  
キーワード(2)(和/英) 暗号化 / encryption  
キーワード(3)(和/英) カオス / chaos  
キーワード(4)(和/英) MIMO / MIMO  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 稲葉 悠馬 / Yuma Inaba / イナバ ユウマ
第1著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NITech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡本 英二 / Eiji Okamoto / オカモト エイジ
第2著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NITech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-11-20 15:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2013-179 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.301 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2013-11-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会