電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-11-20 15:50
GI越えマルチパス環境のためのSDM MIMO-OFDM用チャネル等化器
竹内知明NHKエンジニアリングシステム)・渋谷一彦NHKRCS2013-180
抄録 (和) 遅延時間の長いマルチパスは地上デジタル放送の難視聴の要因の一つである.OFDM の基本的な考えを踏まえてこの問題を考えると,送信側でGI 長をマルチパスの最大遅延時間差よりも長く設定することが必要である.しかし放送波の受信環境は様々であることから,実際には現在の運用パラメータの倍以上の長さが必要となる場合もあり,周波数利用効率とサービスするコンテンツの品質を低下させることとなる.よって発生確率の低い長遅延マルチパスの問題は受信側で解決することが望ましい.そこで本報告では,次世代放送システムに向け,GI 越えマルチパス環境に対応したSDM MIMO-OFDM 受信機を提案する.提案システムは,時間領域空間フィルタ,周波数領域チャネル等化器,および周波数領域空間フィルタを利用して,ストリーム分離とマルチパスによる周波数特性歪みの等化を実現する.計算機シミュレーションにより,提案システムの有効性を示す. 
(英) A long delay multipath is one of the factors of the poor reception when receiving the digital terrestrial broadcast signals. If we consider this problem based on the fundamental concept of OFDM (Orthogonal Frequency Division Multiplexing), the guard interval (GI) length should be longer than the maximum multipath delay time of channel on the transmission side. However, since the broadcast channel responses are wide variety, there are any cases of the GI length may be doubled or more compared to the current value and it decrease the spectral efficiency and service contents quality. Therefore, the problem is desired to be solved on the receiver side. Towards the next generation broadcast system, this paper proposes the SDM (Space Division Multiplexing) MIMO (Multi-Input Multi Output)-OFDM receiver for multipath environment with maximum delay time over the GI. The proposed system employs the time domain spatial fi lters, the frequency domain channel equalizers and the frequency domain spatial fi lters to achieve the stream separation and the channel equalization. Simulation results are presented to show the effectiveness of the proposed system.
キーワード (和) SDM / MIMO-OFDM / 地上放送 / / / / /  
(英) SDM / MIMO-OFDM / terrestrial broadcasting / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 301, RCS2013-180, pp. 37-42, 2013年11月.
資料番号 RCS2013-180 
発行日 2013-11-13 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2013-180

研究会情報
研究会 RCS AP  
開催期間 2013-11-20 - 2013-11-22 
開催地(和) 松江テルサ 
開催地(英) Matsue Terrsa 
テーマ(和) アダプティブアンテナ,等化,干渉キャンセラ,MIMO,無線通信,一般 
テーマ(英) Adaptive Antenna, Equalization, Interference Canceller, MIMO, Wireless Communication Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2013-11-RCS-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) GI越えマルチパス環境のためのSDM MIMO-OFDM用チャネル等化器 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Channel Equalizer for SDM MIMO-OFDM Systems with Insufficient Guard Interval 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) SDM / SDM  
キーワード(2)(和/英) MIMO-OFDM / MIMO-OFDM  
キーワード(3)(和/英) 地上放送 / terrestrial broadcasting  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹内 知明 / Tomoaki Takeuchi / タケウチ トモアキ
第1著者 所属(和/英) NHKエンジニアリングシステム (略称: NHKエンジニアリングシステム)
NHK Engineering System (略称: NHK-ES)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 渋谷 一彦 / Kazuhiko Shibuya / シブヤ カズヒコ
第2著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-11-20 15:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2013-180 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.301 
ページ範囲 pp.37-42 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2013-11-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会