電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-11-20 14:50
OFDM-MIMO多重におけるAMCを用いたときのMCS選択誤りおよびチャネル推定誤差の影響の検討
韓 冰東京都市大)・川村輝雄柿島佑一NTTドコモ)・佐和橋 衛東京都市大RCS2013-178
抄録 (和) 本稿では,直交周波数分割多重(OFDM: Orthogonal Frequency Division Multiplexing) - Multiple-Input Multiple-Output (MIMO)多重において適応変調・チャネル符号化(AMC: Adaptive Modulation and Coding)を用いたときの往復制御遅延時間(RTT: Round Trip delay Time)に対する伝搬路のチャネル変動に起因する変調方式・チャネル符号化率(MCS: Modulation and Coding Scheme)選択誤差,および信号分離におけるチャネル推定誤差の影響をスループットの観点から明らかにする.平均受信Signal-to-Noise power Ratio (SNR)に対して最大のスループットを実現する最適なMCSを選択した場合の上界特性,および最尤検出(MLD: Maximum Likelihood Detection)信号分離のチャネル推定が理想の場合のスループットを比較対象として,AMCを行った場合のスループットの劣化要因を明らかにする. 
(英) This paper presents effects of modulation and coding scheme (MCS) selection error due to round trip delay time (RTT) and channel estimation error for signal detection for Orthogonal Frequency Division Multiplexing (OFDM) - Multiple-Input Multiple-Output (MIMO) multiplexing using adaptive modulation and coding (AMC). We clarify the effect of MCS section error for increasing maximum Doppler frequency due to round trip delay time (RTT) in comparison with upper bound of throughput that is computed by the MCS providing the maximum throughout considering the block error. We also clarify the effect of channel estimation error of maximum likelihood detection (MLD) when using reference signal (RS) based channel estimation in comparison to ideal channel estimation.
キーワード (和) MIMO多重 / OFDM / 適応変調・チャネル符号化 / 変調方式・チャネル符号化率スキーム / 最尤検出 / / /  
(英) MIMO multiplexing / OFDM / AMC / modulation and coding scheme / MLD / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 301, RCS2013-178, pp. 25-30, 2013年11月.
資料番号 RCS2013-178 
発行日 2013-11-13 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2013-178

研究会情報
研究会 RCS AP  
開催期間 2013-11-20 - 2013-11-22 
開催地(和) 松江テルサ 
開催地(英) Matsue Terrsa 
テーマ(和) アダプティブアンテナ,等化,干渉キャンセラ,MIMO,無線通信,一般 
テーマ(英) Adaptive Antenna, Equalization, Interference Canceller, MIMO, Wireless Communication Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2013-11-RCS-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) OFDM-MIMO多重におけるAMCを用いたときのMCS選択誤りおよびチャネル推定誤差の影響の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Effects of MCS Selection Error due to RTT and Channel Estimation Error for Signal Detection for OFDM-MIMO Multiplexing with AMC 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) MIMO多重 / MIMO multiplexing  
キーワード(2)(和/英) OFDM / OFDM  
キーワード(3)(和/英) 適応変調・チャネル符号化 / AMC  
キーワード(4)(和/英) 変調方式・チャネル符号化率スキーム / modulation and coding scheme  
キーワード(5)(和/英) 最尤検出 / MLD  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 韓 冰 / Bing Han / カン ヒョウ
第1著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 川村 輝雄 / Teruo Kawamura / カワムラ テルオ
第2著者 所属(和/英) NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO (略称: NTT DOCOMO)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 柿島 佑一 / Yuichi Kakishima / カキシマ ユウイチ
第3著者 所属(和/英) NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO (略称: NTT DOCOMO)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐和橋 衛 / Mamoru Sawahashi / サワハシ マモル
第4著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-11-20 14:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2013-178 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.301 
ページ範囲 pp.25-30 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2013-11-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会