電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-11-19 12:00
固体素子量子ビットにおける量子フィードバックを用いた相互作用制御法
佐藤貴彦NTT/東大)・松崎雄一郎NTT)・藤井啓祐京大)・角柳孝輔NTT)・仙場浩一NII/NTT)・斎藤志郎NTT
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) クラスタ状態は,一方向量子計算やトポロジカル量子計算における万能量子資源として用いられることが知られている.しかし,現在までに実用的量子計算の要求を満たすサイズと Fidelity を併せ持つクラスタ状態の固体量子ビット上での生成は実現していない.本研究では,補助量子ビットに対する測定とそのフィードバックを用いることで,原理的には 100 %の精度での相互作用の on/off 制御が可能な手法を提案する.また本手法の応用として,Echopulse によるスケーラブルな相互作用均衡の実現や,スケーラブルなクラスタ状態生成手法についても議論を行う. 
(英) Cluster state is known as a universal quantum resource for MBQC and topological quantum computa-tion. It is beyond the current technology to generate a cluster state in solid state qubits which is sufficient large and high fidelity for quantum computation. Here, we propose a high-fidelity interaction switching method using projective measurements and quantum feedback. We also discuss how to balance the interaction between qubits by echo pulses and to generate a scalable generating cluster state with this method.
キーワード (和) 超伝導磁束量子ビット / 一方向量子計算機 / 量子フィードバック / Parity projection / / / /  
(英) Superconducting flux qubit / Oneway quantum computing / Quantum feedback / Parity projection / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 QIT  
開催期間 2013-11-18 - 2013-11-19 
開催地(和) 早稲田大学 
開催地(英) Waseda Univ. 
テーマ(和) 量子情報, 一般 
テーマ(英) Quantum Information 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 QIT 
会議コード 2013-11-QIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 固体素子量子ビットにおける量子フィードバックを用いた相互作用制御法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Interaction control using quantum feedback in solid-state qubits 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 超伝導磁束量子ビット / Superconducting flux qubit  
キーワード(2)(和/英) 一方向量子計算機 / Oneway quantum computing  
キーワード(3)(和/英) 量子フィードバック / Quantum feedback  
キーワード(4)(和/英) Parity projection / Parity projection  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 貴彦 / Takahiko Satoh / サトウ タカヒコ
第1著者 所属(和/英) NTT/東京大学 (略称: NTT/東大)
NTT/The University of Tokyo (略称: NTT/UT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松崎 雄一郎 / Yuichiro Matsuzaki / マツザキ ユウイチロウ
第2著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤井 啓祐 / Keisuke Fujii / フジイ ケイスケ
第3著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 角柳 孝輔 / Kosuke Kakuyanagi / カクヤナギ コウスケ
第4著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 仙場 浩一 / Koichi Semba / センバ コウイチ
第5著者 所属(和/英) 国立情報学研究所/NTT (略称: NII/NTT)
NII/NTT (略称: NII/NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 斎藤 志郎 / Shiro Saito / サイトウ シロウ
第6著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-11-19 12:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 QIT 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会