電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-11-19 13:00
無意味3連音節を用いた音素別明瞭度における話者映像の寄与の分析
長谷川 玄坂本修一阿部 享大谷智子鈴木陽一川瀬哲明東北大
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) 本研究では,音声の聴き取りにおいて視覚情報,すなわち,口周辺のどの情報が
読唇効果に寄与するかを音素ごとに調べるため,全ての母音と全ての子音の組を
バランスよく作成した無意味3 連音節を様々に加工した顔映像と組み合わせて
提示した条件で明瞭度試験を行い,各音素に対する明瞭度から音素ごとの特徴を
調べた.その結果,/t/,/n/,/h/,/m/,/w/,/d/,/b/,/p/らの音素は,視覚
的影響を受ける音素であることが示された.一方で,映像条件間の正答率に着目
すると,話者の顔映像を呈示した条件と口唇のみを呈示した条件に有意な差は
見られなかった.これは,口唇のみを呈示していれば,聴き取りの貢献には充分
であることを示唆している.しかし,顔の口唇と周辺部分をマスクし,その周り
を呈示する映像を呈示する条件でも正答率が有意に上昇しており,口唇以外にも
聴き取りに寄与するなんらかの情報が含まれていることが示唆された. 
(英) This study focuses on which detailed parts around the speaker’s mouse contribute speech intelligibility.To examine this, nonsense tri-syllables speeches were combined with several kinds of speaker’s video including the original face and those with and without the mouse to measure audio-visual speech intelligibility. The results showed that intelligibility scores of several phonemes (/n/,/h/, /m/, /w/, /d/, /b/, /p/) were increased by adding visual information. However, there was no significant difference between the score with original speaker’s face video and
that obtained by the stimuli with only mouse part. It suggests that only the mouse provides sufficient information for speech intelligibility. Moreover, no significance was also observed between the original audio-visual stimuli and those with speakers face without the mouse. It suggests that the visual information around mouse also provide
important information for speech intelligibility.
キーワード (和) 音素 / 口唇 / 先行母音 / 読唇 / / / /  
(英) phoneme / lips / preceding vowel / lip-reading / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 299, HIP2013-60, pp. 1-6, 2013年11月.
資料番号 HIP2013-60 
発行日 2013-11-12 (HIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 HIP ITE-CE ITE-HI  
開催期間 2013-11-19 - 2013-11-20 
開催地(和) 東北大通研 
開催地(英) RIEC, Tohoku U. 
テーマ(和) 「マルチモーダル」、「感性情報処理」、「視知覚とその応用」およびヒューマン情報処理一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HIP 
会議コード 2013-11-HIP-CE-HI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 無意味3連音節を用いた音素別明瞭度における話者映像の寄与の分析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Analysis of contribution of a speaker on a monitor screen in the speech intelligibility test by phoneme using meaningless try-syllable 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 音素 / phoneme  
キーワード(2)(和/英) 口唇 / lips  
キーワード(3)(和/英) 先行母音 / preceding vowel  
キーワード(4)(和/英) 読唇 / lip-reading  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 玄 / Gen Hasegawa / ハセガワ ゲン
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂本 修一 / Shuichi Sakamoto / サカモト シュウイチ
第2著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 阿部 享 / Toru Abe / アベ トオル
第3著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 大谷 智子 / Tomoko Ohtani / オオタニ トモコ
第4著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 陽一 / Yo-iti Suzuki / スズキ ヨウイチ
第5著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 川瀬 哲明 / Tetsuaki Kawase / カワセ テツアキ
第6著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-11-19 13:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HIP 
資料番号 IEICE-HIP2013-60 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.299 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-HIP-2013-11-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会