電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-11-19 09:40
偏光の連続測定で得られる複素結合確率の実験的検証
鈴木佑太朗飯沼昌隆木下竜二ホフマン ホルガ広島大
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) 2つの非可換な物理量の固有値の関数としてKirkwood-Dirac型の複素結合確率分布は量子状態を表現する。我々は測定前の初期状態を表す複素結合確率を、測定データから再構成することを試みた。実験は任意の偏光状態を対象に様々な測定の強さの連続測定を行い、測定の影響を考慮した統計的手法を用いて、結合確率の再構成をする。初期状態に応じて測定の強さに依存することのない複素結合確率が再構成でき、それは量子論の予測するKirkwood-Dirac関数と一致することが確認できた。 
(英) The Kirkwood-Dirac distribution of arbitrary quantum state is a set of complex joint probabilities for two non-commuting observables. We investigated the reconstructions of complex joint probabilities before the measurement was performed from the experimental data.The experiment have gone using sequential measurements of arbitrary polarization state with variable intermediate measurement strength and then, the complex joint probabilities can be reconstructed by our statistical methods with considerations for all measurement effects. We confirmed that the reconstructed joint probabilities are independent of the measurement strength at each initial state and good agreements with the predictions of the Kirkwood-Dirac distribution.
キーワード (和) 複素結合確率 / Kirkwood-Dirac関数 / 非可換物理量 / 偏光 / / / /  
(英) complex joint probabilities / Kirkwood-Dirac distribution / non-commuting observables / polarization / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 QIT  
開催期間 2013-11-18 - 2013-11-19 
開催地(和) 早稲田大学 
開催地(英) Waseda Univ. 
テーマ(和) 量子情報, 一般 
テーマ(英) Quantum Information 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 QIT 
会議コード 2013-11-QIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 偏光の連続測定で得られる複素結合確率の実験的検証 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Experimental investigation of complex joint probabilities using sequential polarization measurements with arbitrary intermediate measurement strength 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 複素結合確率 / complex joint probabilities  
キーワード(2)(和/英) Kirkwood-Dirac関数 / Kirkwood-Dirac distribution  
キーワード(3)(和/英) 非可換物理量 / non-commuting observables  
キーワード(4)(和/英) 偏光 / polarization  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 佑太朗 / Yutaro Suzuki / スズキ ユウタロウ
第1著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima University (略称: Hirhoshima Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 飯沼 昌隆 / Masataka Iinuma / イイヌマ マサタカ
第2著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima University (略称: Hirhoshima Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 木下 竜二 / Ryuji Kinoshita / キノシタ リュウジ
第3著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima University (略称: Hirhoshima Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) ホフマン ホルガ / Holger F. Hofmann / ホフマン ホルガ
第4著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima University (略称: Hirhoshima Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-11-19 09:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 QIT 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会