電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-11-19 09:20
二準位系でのOzawa不等式の誤差と擾乱の実験的評価
飯沼昌隆鈴木佑太朗木下竜二ホフマン ホルガ広島大
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) 誤差と擾乱の不確定性関係を表すOzawaの不等式は、近年の中性子スピンを用いた実験や光子の偏光を用いた実験で実証された。しかしながらOzawaの不等式における誤差と擾乱の物理的な意味は、未だ明確になっているとは言えない。そこで我々は、二準位系において誤差と擾乱の物理的意味と実験による直接的な評価について考察した。その結果、反転確率の考え方がOzawaの誤差と擾乱の物理的な意味を明確にすることがわかった。また光子の偏光に対する測定の強さ可変測定を用いてOzawaの誤差と擾乱を実験的に評価することができた。 
(英) The Ozawa's inequality has been experimentally verified by the recent experiments with a neutron spin or a photon polarization. However, the meaning as physics for the Ozawa's error and disturbance still remains unclear. So, we investigated the physical meaning of them and the feasibility of direct evaluation of the Ozawa's error and disturbance only for the two-level systems. As the results, we showed that the concept of flipping probabilities can explain the clear meaning of them and made the experimental evaluations with the variable strength measurement for photon polarization.
キーワード (和) 測定の強さ可変測定 / 誤差 / 擾乱 / 小澤の不等式 / 反転確率 / / /  
(英) variable strength measurement / error / disturbance / Ozawa's inequality / flipping probabilities / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 QIT  
開催期間 2013-11-18 - 2013-11-19 
開催地(和) 早稲田大学 
開催地(英) Waseda Univ. 
テーマ(和) 量子情報, 一般 
テーマ(英) Quantum Information 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 QIT 
会議コード 2013-11-QIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 二準位系でのOzawa不等式の誤差と擾乱の実験的評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Experimental evaluation of measurement error and disturbance of Ozawa's inequality in two level systems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 測定の強さ可変測定 / variable strength measurement  
キーワード(2)(和/英) 誤差 / error  
キーワード(3)(和/英) 擾乱 / disturbance  
キーワード(4)(和/英) 小澤の不等式 / Ozawa's inequality  
キーワード(5)(和/英) 反転確率 / flipping probabilities  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 飯沼 昌隆 / Masataka Iinuma / イイヌマ マサタカ
第1著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima University (略称: Hiroshima Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 佑太朗 / Yutaro Suzuki / スズキ ユウタロウ
第2著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima University (略称: Hiroshima Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 木下 竜二 / Ryuji Kinoshita / キノシタ リュウジ
第3著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima University (略称: Hiroshima Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) ホフマン ホルガ / Holger F. Hofmann / ホフマン ホルガ
第4著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima University (略称: Hiroshima Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-11-19 09:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 QIT 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会