電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-11-18 12:00
ガーベッジテープを持つ量子プッシュダウンオートマトン
中西正樹山形大
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) これまでに様々な種類の量子プッシュダウンオートマトンが提案されており,その能力が解析されている.
しかしながら,いくつかの量子プッシュダウンオートマトンのモデルにおいては,それが少なくとも古典の対応する
モデルを含むかどうかは知られていない.これは,量子計算モデルが満たすべき可逆性の制約によるものである.本
稿では,新しい量子プッシュダウンオートマトンのモデルとしてガーベッジテープを持つ量子プッシュダウンオート
マトンを導入し,その能力の解析を行う.提案モデルではガーベッジテープにスタックからポップした記号を記憶す
ることによりポップ操作,すなわちスタックトップの削除を可逆な演算で行うことができる.このことにより,提案
モデルは任意の古典プッシュダウンオートマトンおよび古典スタックを持つ量子プッシュダウンオートマトンを模倣
できることを示す.また,提案モデルではエラーなしで解くことができるが,決定性プッシュダウンオートマトンで
は解くことができないプロミス付き問題が存在することを示す.以上の結果は,提案モデルが決定性,片側誤り,非
決定性の計算モデルにおいて古典モデルよりも真に能力が高いことを示している. 
(英) Several kinds of quantum pushdown automata have been proposed, and their computational power is investigated
intensively. However, for some quantum pushdown automaton models, it is not known whether quantum models are at least as
powerful as classical counterparts or not. This is due to the reversibility restriction. In this paper, we introduce a new quantum
pushdown automaton model that has a garbage space. This model can overcome the reversibility restriction by exploiting the
garbage space for storing popped symbols. We show that the proposed model can simulate any quantum pushdown automaton
with a classical stack as well as any classical pushdown automaton. We also show that our model can solve a promise problem
with no error while classical deterministic pushdown automata cannot. These results implies that our model is strictly more
powerful than classical counterparts in the setting of exact, one-sided error and non-deterministic computation.
キーワード (和) 量子プッシュダウンオートマトン / 決定性プッシュダウンオートマトン / 形式言語理論 / / / / /  
(英) quantum pushdown automata / deterministic pushdown automata / formal language theory / / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 QIT  
開催期間 2013-11-18 - 2013-11-19 
開催地(和) 早稲田大学 
開催地(英) Waseda Univ. 
テーマ(和) 量子情報, 一般 
テーマ(英) Quantum Information 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 QIT 
会議コード 2013-11-QIT 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) ガーベッジテープを持つ量子プッシュダウンオートマトン 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Quantum Pushdown Automata with a Garbage Space 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 量子プッシュダウンオートマトン / quantum pushdown automata  
キーワード(2)(和/英) 決定性プッシュダウンオートマトン / deterministic pushdown automata  
キーワード(3)(和/英) 形式言語理論 / formal language theory  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中西 正樹 / Masaki Nakanishi / ナカニシ マサキ
第1著者 所属(和/英) 山形大学 (略称: 山形大)
Yamagata University (略称: Yamagata Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-11-18 12:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 QIT 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会