電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-11-15 09:15
音源分離技術を用いた音楽電子透かし法
村田晴美中京大)・荻原昭夫近畿大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 音楽電子透かしでは,透かしを埋め込んだ後でも音質が良くなければならないことが求められる.透かしを埋め込んだ後であっても音質を良くするために,本稿では単なる信号処理ではなく音楽理論の観点から楽曲を取り扱う.その一つとして,楽曲に含まれている音色と同じ音をある条件下で加えたとき,違和感が生じない場合があり得ると考えられる.しかし,加えた音が音楽として成立していなければ,音色が同じというだけでは違和感が生じてしまう.そこで本稿では,音楽理論のうち協和音に着目し,演奏音と協和音の関係になるように信号を加えることで,透かしを埋め込んだ後でも音質の良い楽曲を得る手法を提案する. 
(英) The objective of this work is to propose an embedding method using blind source separation. High sound quality is required even if a watermark is embedded in audio signal. For meeting this requirement, in this paper, we deal with music data not in terms of signal processing but in terms of music theory. For example, it is considered that sound quality is not annoying when a sound having similar timbre included in music data is added under certain conditions. However, if the sound does not become music by adding some sound source, there is something wrong. Hence, in this paper, we focus on consonance in music theory. Moreover, we propose an embedding method having high sound quality by adding watermark signal so that melody line and watermark signal become consonance.
キーワード (和) 音楽電子透かし / 音源分離 / / / / / /  
(英) audio watermarking / sound source separation / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 291, EMM2013-77, pp. 55-58, 2013年11月.
資料番号 EMM2013-77 
発行日 2013-11-07 (EA, EMM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 EMM EA  
開催期間 2013-11-14 - 2013-11-15 
開催地(和) 県立広島大学 サテライトキャンパスひろしま 
開催地(英) Prefectural University of Hiroshima, Satellite Campus Hiroshima 
テーマ(和) 異種メディア融合,コンテンツ処理,メディア検索,電子透かし,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMM 
会議コード 2013-11-EMM-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 音源分離技術を用いた音楽電子透かし法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Audio Watermarking Method Using Blind Source Separation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 音楽電子透かし / audio watermarking  
キーワード(2)(和/英) 音源分離 / sound source separation  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 村田 晴美 / Harumi Murata / ムラタ ハルミ
第1著者 所属(和/英) 中京大学 (略称: 中京大)
Chukyo University (略称: Chukyo Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 荻原 昭夫 / Akio Ogihara / オギハラ アキオ
第2著者 所属(和/英) 近畿大学 (略称: 近畿大)
Kinki University (略称: Kinki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-11-15 09:15:00 
発表時間 30 
申込先研究会 EMM 
資料番号 IEICE-EA2013-77,IEICE-EMM2013-77 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.290(EA), no.291(EMM) 
ページ範囲 pp.55-58 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-EA-2013-11-07,IEICE-EMM-2013-11-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会