電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-11-15 16:35
高周波アシスト記録ヘッドでのSTO発振
山田健一郎清水真理子村上修一岩崎仁志高岸雅幸・○鴻井克彦竹尾昭彦東芝MR2013-24 エレソ技報アーカイブへのリンク:MR2013-24
抄録 (和) 高周波アシスト記録(MAMR)は1Tbpsi超のHDD記録密度を実現する新しい記録方式として急速に注目を集めている。最近筆者らのグループは、実際にMAMRヘッドを作成して記録再生実験を行い、顕著なアシスト効果を得ることに成功した( TMRC2013, E1)。
MAMRを実現する上でキーとなるのは、高周波発生源であるスピントルク発振子(STO)の良好な発振である。十分な高周波磁界を得るためには発振層(FGL)の磁気体積を大きくすることが必要であるが、これは同時に発振駆動電流の増大を伴い、発振強度の不足、あるいはエレクトロマイグレーションによる長期安定性の著しい欠如といった問題を招く可能性がある。本発表では、実際にMAMRヘッドに適用したSTOの詳細について紹介する。同時に、ここで用いた実用化に必須と考えられるマグフリップ型STOについて、そのコンセプトを説明し、良好な発振を得るために必要なポイントについて紹介する。 
(英) Microwave assisted magnetic recording (MAMR) attracts much attention as the promised technology to achieve more than 1 Tbpsi of HDD recording density. Recently we reported the experimental results of write-read performance for MAMR head, and introduced the remarkable assist effect (TMRC2013, E1).
The key to achieve the practical performance of MAMR is the excellent oscillation of the spin torque oscillator (STO). To obtain enough microwave AC field, a large magnetic volume of field generation layer (FGL) is necessary, but this will bring the increase of driving current for spin torque oscillation, and result in the short of oscillation amplitude of FGL and the lack of long term reliability due to the electro-migration. In this presentation, we will introduce the detail of mag-flip STO we applied for the actual MAMR head used for write-read experiment. And its points of the design will be also presented.
キーワード (和) 高周波アシスト記録 / MAMR / STO / スピントルク / HDD / / /  
(英) MAMR / STO / spin torque / HDD / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, 2013年11月.
資料番号  
発行日 2013-11-08 (MR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MR2013-24 エレソ技報アーカイブへのリンク:MR2013-24

研究会情報
研究会 MRIS ITE-MMS  
開催期間 2013-11-15 - 2013-11-15 
開催地(和) 早稲田大学 
開催地(英) Waseda Univ. 
テーマ(和) ハードディスクドライブ, 一般 
テーマ(英) Hard disk drive technology, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MRIS 
会議コード 2013-11-MR-MMS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高周波アシスト記録ヘッドでのSTO発振 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Spin torque oscillation in microwave assisted recording heads 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 高周波アシスト記録 / MAMR  
キーワード(2)(和/英) MAMR / STO  
キーワード(3)(和/英) STO / spin torque  
キーワード(4)(和/英) スピントルク / HDD  
キーワード(5)(和/英) HDD /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 健一郎 / Kenichiro Yamada / ヤマダ ケンイチロウ
第1著者 所属(和/英) 株式会社 東芝 (略称: 東芝)
Toshiba Corporation (略称: Toshiba)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 清水 真理子 / Mariko Shimizu / シミズ マリコ
第2著者 所属(和/英) 株式会社 東芝 (略称: 東芝)
Toshiba Corporation (略称: Toshiba)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 村上 修一 / Shuichi Murakami / ムラカミ シュウイチ
第3著者 所属(和/英) 株式会社 東芝 (略称: 東芝)
Toshiba Corporation (略称: Toshiba)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩崎 仁志 / Hitoshi Iwasaki / イワサキ ヒトシ
第4著者 所属(和/英) 株式会社 東芝 (略称: 東芝)
Toshiba Corporation (略称: Toshiba)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 高岸 雅幸 / Masayuki Takagishi / タカギシ マサユキ
第5著者 所属(和/英) 株式会社 東芝 (略称: 東芝)
Toshiba Corporation (略称: Toshiba)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 鴻井 克彦 / Katsuhiko Koi / コウイ カツヒコ
第6著者 所属(和/英) 株式会社 東芝 (略称: 東芝)
Toshiba Corporation (略称: Toshiba)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹尾 昭彦 / Akihiko Takeo /
第7著者 所属(和/英) 株式会社 東芝 (略称: 東芝)
Toshiba Corporation (略称: Toshiba)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-11-15 16:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MRIS 
資料番号 IEICE-MR2013-24 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.297 
ページ範囲 pp.35-40 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MR-2013-11-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会