電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-11-12 15:45
[ポスター講演]最適化に基づく多変量二標本検定とその高速化
新村祐紀齋田裕介竹内一郎名工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年, 多変量2 標本検定が様々な場面で使われており, その重要性が増してきている. 多変量2 標本検定における検定の能力の高さは, 検定統計量にどのような値を用いるかに大きく左右される. 従来研究においても, 様々な検定統計量を用いた検定手法が提案されている. 本研究では, 凸最適化問題の目的関数値を検定統計量とするアプローチを考察し, その並べ替え帰無分布の計算を効率的に計算する方法を提案する. 
(英) Multivariate two-sample test has recently attracted a great deal of interest and its importance has been increasing in many applications. The power of multivariate two-sample test highly depends on the choice of test
statistic. Many kinds of the multivariate two-sample tests have been studied. In this paper, we study a class of nonparametric test whose statistic is defined by a convex optimization problem. For this class of multivariate two-sample tests, we propose an approach for efficiently computing the null permutation distribution.
キーワード (和) 多変量2 標本検定 / 最適化問題 / ラベル並び替え検定 / / / / /  
(英) multivariate two-sample test / optimization / permutation test / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 286, IBISML2013-42, pp. 45-52, 2013年11月.
資料番号 IBISML2013-42 
発行日 2013-11-05 (IBISML) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IBISML  
開催期間 2013-11-10 - 2013-11-13 
開催地(和) 東京工業大学 蔵前会館 
開催地(英) Tokyo Institute of Technology, Kuramae-Kaikan 
テーマ(和) 第16回情報論的学習理論ワークショップ & 第2回IBISMLチュートリアル 
テーマ(英) The 16th IBIS Workshop & The 2nd IBIS Tutorial 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IBISML 
会議コード 2013-11-IBISML 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 最適化に基づく多変量二標本検定とその高速化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Optimization-based Multivariate Two-sample Test and Its Efficient Computation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 多変量2 標本検定 / multivariate two-sample test  
キーワード(2)(和/英) 最適化問題 / optimization  
キーワード(3)(和/英) ラベル並び替え検定 / permutation test  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 新村 祐紀 / Yuki Shinmura / シンムラ ユウキ
第1著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: Nagoya Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 齋田 裕介 / Yusuke Saida / サイダ ユウスケ
第2著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: Nagoya Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹内 一郎 / Ichiro Takeuchi /
第3著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: Nagoya Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-11-12 15:45:00 
発表時間 180 
申込先研究会 IBISML 
資料番号 IEICE-IBISML2013-42 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.286 
ページ範囲 pp.45-52 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-IBISML-2013-11-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会