電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-11-07 14:00
マルチカーエレベータのかご制御と割り当て問題に対するCP/MIPハイブリッド手法
峰岸達矢宮本俊幸阪大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) ビルの高層化が進むにつれて,より多くの人員を効率的に輸送する要求が高まっている.しかし,エレベータシャフト数を増加させると,ビルのエレベータの専有面積が大きくなり,利用可能面積が小さくなってしまう.この問題の解決策の1つとしてマルチカーエレベータ(MCE)の研究が進められている.MCEは1つのシャフト中に複数台のかごを運行させることにより,専有面積を増やさずに輸送力の増強が可能なエレベータである.MCEを安全に制御し乗客を効率的に輸送するためには,かご制御(運行制御)と呼びの割り当ての最適化が必要である.我々はこれまでにかご制御と割り当て問題を整数計画問題(IP)と混合整数計画問題(MIP)として定式化し求解を行っている.しかし,これらの計画問題には計算量に関して問題があった.本稿では,制約プログラミング(CP)とMIPのハイブリッド手法を提案し,計算機実験により評価する.結果は,従来の研究よりも効率的に乗客を輸送できることを示している. 
(英) As the height of buildings grows, the demand of enhancing transportation capability in buildings has been increasing.If many elevator shafts are installed, its footprint occupies most floor space; floor space for activities is reduced.%There is a problem that a lot of floor space cannot be used because elevators occupy a lot of floor space when many elevator shafts are installed.Multi-car elevator (MCE) systems are studied as one of the solutions for this problem. MCE systems can increase transportation capability without increasing floor space because MCE systems have several cars in each shaft.Optimization of car control and call assignment is necessary to control MCE systems safety and transport passengers rapidly.
Our previous studies formulated the optimization problem as an Integer Program (IP) and a Mixed Integer Program (MIP).There, however, is a problem on computational complexity. Therefore, a hybrid method of Constraint Program (CP) and MIP is proposed in this paper and is evaluated through computational experiments.The results show that the proposed method can transport passengers faster than existing methods.
キーワード (和) マルチカーエレベータ / 制約プログラミング / 混合整数計画問題 / 最適化 / / / /  
(英) Multi-car elevator / Constraint Program / Mixed Integer Program / Optimization / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 279, MSS2013-46, pp. 129-134, 2013年11月.
資料番号 MSS2013-46 
発行日 2013-10-30 (CAS, MSS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MSS CAS IPSJ-AL  
開催期間 2013-11-06 - 2013-11-07 
開催地(和) 渡り温泉さつき 
開催地(英)  
テーマ(和) グラフ、ペトリネット、ニューラルネット及び一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MSS 
会議コード 2013-11-MSS-CAS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マルチカーエレベータのかご制御と割り当て問題に対するCP/MIPハイブリッド手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Hybrid CP/MIP Method for Car Control and Assignment Problem in Mce Systems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マルチカーエレベータ / Multi-car elevator  
キーワード(2)(和/英) 制約プログラミング / Constraint Program  
キーワード(3)(和/英) 混合整数計画問題 / Mixed Integer Program  
キーワード(4)(和/英) 最適化 / Optimization  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 峰岸 達矢 / Tatsuya Minegishi / ミネギシ タツヤ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮本 俊幸 / Toshiyuki Miyamoto /
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-11-07 14:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 MSS 
資料番号 IEICE-CAS2013-67,IEICE-MSS2013-46 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.278(CAS), no.279(MSS) 
ページ範囲 pp.129-134 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CAS-2013-10-30,IEICE-MSS-2013-10-30 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会