お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-10-28 14:00
リング状に交差結合されたカオス回路にみられる同期現象の調査
蔭山侃杜上手洋子西尾芳文徳島大NLP2013-79
抄録 (和) 同期現象に関する研究は様々な分野で広く行われている. 最近では特に, カオス回路における同期現象は多 くの研究者によって研究がなされている. カオス現象は初期値に非常に依存し, 非周期的挙動を示す長期的予測が困難 なものである. また, 同期現象は非常に興味深い現象を引き起こしている. 同期現象およびカオス系における分岐は, 自然科学の分野において様々な高次元の非線形現象を記述するために用いられる. 本研究では, 簡単な回路構成である 森・神力回路をインダクタによりリング状に交差結合させた回路を対象とし, 3, 5, 9, 11 および 31 個の回路を結合し た場合に発生する現象の調査をコンピュータシミュレーションを用いて行った. 
(英) Studies on synchronization phenomena are extensively carried out in various fields. Recently, in par- ticular, synchronization phenomena in chaotic circuits are studied many researchers. Chaos phenomena are quite dependent on initial values and not periodical and predictable. Moreover, the synchronization phenomena have caused very interesting phenomena. Synchronization and the related bifurcation of chaotic systems are good meth- ods to describe various higher-dimensional nonlinear phenomena in the field of natural science. In this study, we investigate synchronization phenomena observed in a ring of simple chaotic circuits cross-coupled via inductors. Interesting synchronization phenomena can be confirmed by computer simulations.
キーワード (和) カオス回路 / 交差結合 / 同期現象 / / / / /  
(英) chaotic circuit / cross-coupled / synchronization / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 271, NLP2013-79, pp. 53-57, 2013年10月.
資料番号 NLP2013-79 
発行日 2013-10-21 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NLP2013-79

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2013-10-28 - 2013-10-29 
開催地(和) サンポートホール高松 
開催地(英) Sanport Hall Takamatsu 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2013-10-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) リング状に交差結合されたカオス回路にみられる同期現象の調査 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Investigation of Synchronizations in a Ring of Cross-Coupled Chaotic Circuits 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) カオス回路 / chaotic circuit  
キーワード(2)(和/英) 交差結合 / cross-coupled  
キーワード(3)(和/英) 同期現象 / synchronization  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 蔭山 侃杜 / Naoto Kageyama / カゲヤマ ナオト
第1著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 上手 洋子 / Yoko Uwate / ウワテ ヨウコ
第2著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 西尾 芳文 / Yoshifumi Nishio / ニシオ ヨシフミ
第3著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-10-28 14:00:00 
発表時間 15 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2013-79 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.271 
ページ範囲 pp.53-57 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-NLP-2013-10-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会