お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-10-26 16:10
異なる精神課題による生体反応の差異
倉岡宏幸九工大)・三宅晋司産業医科大)・和田親宗九工大WIT2013-51
抄録 (和) 19名の健康な男性の被験者に,異なる2種類の精神課題を遂行させたときの生体反応の差異について検討した.精神課題は,異なる心臓血管系反応を示す鏡映描写課題及び暗算課題を使用した.実験の結果,暗算課題では心拍の大きな上昇,鏡映描写課題では心拍の上昇が抑えられるという,生体反応における課題特異性が示された.しかし,課題の遂行順序の影響や個人の反応特性(心臓反応者,血管反応者)も考慮する必要性が示唆された. 
(英) We investigated the difference of physiological responses between two different tasks when nineteen male participants conducted them, i.e., mirror drawing (MD) task and mental arithmetic (MA) task. The results indicated the task specific physiological responses. MD induced the pattern 2 response in which heart rate change was smaller. On the contrary, MA induced larger heart rate increase. The effects of task order and individual differences in hemodynamic reactivity (cardiac reactor vs. vascular reactor) should be considered.
キーワード (和) 鏡映描写課題 / 暗算課題 / 課題特異性 / パターン2型反応 / / / /  
(英) mirror drawing task / arithmetic task / task specific response / pattern 2 response / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 272, WIT2013-51, pp. 45-48, 2013年10月.
資料番号 WIT2013-51 
発行日 2013-10-19 (WIT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード WIT2013-51

研究会情報
研究会 WIT  
開催期間 2013-10-26 - 2013-10-27 
開催地(和) 霧島国際ホテル(鹿児島県霧島市) 
開催地(英)  
テーマ(和) 福祉情報工学、人間工学、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WIT 
会議コード 2013-10-WIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 異なる精神課題による生体反応の差異 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The difference between physiological responses by different type of tasks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 鏡映描写課題 / mirror drawing task  
キーワード(2)(和/英) 暗算課題 / arithmetic task  
キーワード(3)(和/英) 課題特異性 / task specific response  
キーワード(4)(和/英) パターン2型反応 / pattern 2 response  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 倉岡 宏幸 / Hiroyuki Kuraoka / クラオカ ヒロユキ
第1著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyushu Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 三宅 晋司 / Shinji Miyake / ミヤケ シンジ
第2著者 所属(和/英) 産業医科大学 (略称: 産業医科大)
University of Occupational and Environmental Health,Japan (略称: Univ. of Occupational and Environmental Health,Japan)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 和田 親宗 / Chikamune Wada /
第3著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyushu Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-10-26 16:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 WIT 
資料番号 IEICE-WIT2013-51 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.272 
ページ範囲 pp.45-48 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-WIT-2013-10-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会