お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-10-25 13:35
Outage in Primary Service due to Secondary Users' Transmissions
Yee-Loo FooMultimedia Univ.SR2013-69
抄録 (和) Scarce frequency spectrum is envisaged to be shared between primary and secondary users (PUs and SUs). This paper discusses the theoretical analyses to determine the probability of service outage at a PU due to SUs' transmissions, despite the SUs' prior effort of spectrum sensing. We have considered (i) four different channel conditions, i.e. Gaussian, Nakagami, Rayleigh, and Rician, (ii) cooperative sensing, where equal gain combining and selection combining techniques have been considered, for SUs to combine the sensing results. Theoretical results based on an example scenario are shown, and they have been validated by simulations. 
(英) Scarce frequency spectrum is envisaged to be shared between primary and secondary users (PUs and SUs). This paper discusses the theoretical analyses to determine the probability of service outage at a PU due to SUs' transmissions, despite the SUs' prior effort of spectrum sensing. We have considered (i) four different channel conditions, i.e. Gaussian, Nakagami, Rayleigh, and Rician, (ii) cooperative sensing, where equal gain combining and selection combining techniques have been considered, for SUs to combine the sensing results. Theoretical results based on an example scenario are shown, and they have been validated by simulations.
キーワード (和) spectrum sharing / spectrum sensing / outage probability / Gaussian / Nakagami / Rayleigh / Rician /  
(英) spectrum sharing / spectrum sensing / outage probability / Gaussian / Nakagami / Rayleigh / Rician /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 266, SR2013-69, pp. 91-96, 2013年10月.
資料番号 SR2013-69 
発行日 2013-10-17 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SR2013-69

研究会情報
研究会 SR  
開催期間 2013-10-24 - 2013-10-25 
開催地(和) 大阪大学 
開催地(英) Osaka Univ. 
テーマ(和) 技術展示,製品展示,ソフトウェア無線機,無線ハードウェア技術,国際ワークショップ,一般 
テーマ(英) technical exhibition, product exhibition, software radio equipment, radio hardware technologies, international workshop, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2013-10-SR 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Outage in Primary Service due to Secondary Users' Transmissions 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) spectrum sharing / spectrum sharing  
キーワード(2)(和/英) spectrum sensing / spectrum sensing  
キーワード(3)(和/英) outage probability / outage probability  
キーワード(4)(和/英) Gaussian / Gaussian  
キーワード(5)(和/英) Nakagami / Nakagami  
キーワード(6)(和/英) Rayleigh / Rayleigh  
キーワード(7)(和/英) Rician / Rician  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) Yee-Loo Foo / Yee-Loo Foo /
第1著者 所属(和/英) Multimedia University, Malaysia (略称: Multimedia Univ.)
Multimedia University, Malaysia (略称: Multimedia Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-10-25 13:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2013-69 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.266 
ページ範囲 pp.91-96 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SR-2013-10-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会