お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-10-24 14:15
トポロジー最適化の電磁波問題への応用
佐藤和夫大門 真藤川久喜豊田中研EMCJ2013-70 MW2013-110 EST2013-62 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2013-110 EST2013-62
抄録 (和) 計算機の高速大容量化と数値シミュレーション技術の進展により,マイクロ波デバイス,およびフォトニックデバイスを比較的精度よく,短い期間で設計・評価をできるようになってきた.本文では,自動最適設計技術の一手法であるトポロジー最適化の電磁波デバイスへの適用について,研究トレンドを整理し,アンテナ設計への応用例について解説し,今後の研究課題について述べる. 
(英) Microwave and optics devices came to be designed and evaluated with sufficient accuracy for a short period time, because of progress of high speed and large memory computers and electromagnetic software. We introduce a R&D trend of topology optimization for electromagnetic devices, examples of antenna structural optimization design and future problems for topology optimization.
キーワード (和) トポロジー最適化 / 電磁界シミュレーション / アンテナ設計 / / / / /  
(英) Kazuo Sato / Makoto Ohkado / Hisayoshi Fujikawa / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 261, EST2013-62, pp. 59-62, 2013年10月.
資料番号 EST2013-62 
発行日 2013-10-17 (EMCJ, MW, EST) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EMCJ2013-70 MW2013-110 EST2013-62 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2013-110 EST2013-62

研究会情報
研究会 EMCJ IEE-EMC MW EST  
開催期間 2013-10-24 - 2013-10-25 
開催地(和) 東北大 青葉山キャンパス 
開催地(英) Tohoku Univ. 
テーマ(和) EMC一般, マイクロ波, 電磁界解析 
テーマ(英) EMC, Micro wave, Electromagnetic analysis, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EST 
会議コード 2013-10-EMCJ-EMC-MW-EST 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) トポロジー最適化の電磁波問題への応用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Topology optimization for electromagnetic problems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) トポロジー最適化 / Kazuo Sato  
キーワード(2)(和/英) 電磁界シミュレーション / Makoto Ohkado  
キーワード(3)(和/英) アンテナ設計 / Hisayoshi Fujikawa  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 和夫 / Kazuo Sato / サトウ カズオ
第1著者 所属(和/英) 豊田中央研究所 (略称: 豊田中研)
Toyota Central Research and Development Laboratories. (略称: Toyota Central R&D Labs.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大門 真 / Makoto Ohkado / オオカド マコト
第2著者 所属(和/英) 豊田中央研究所 (略称: 豊田中研)
Toyota Central Research and Development Laboratories. (略称: Toyota Central R&D Labs.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤川 久喜 / Hisayoshi Fujikawa /
第3著者 所属(和/英) 豊田中央研究所 (略称: 豊田中研)
Toyota Central Research and Development Laboratories. (略称: Toyota Central R&D Labs.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-10-24 14:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EST 
資料番号 IEICE-EMCJ2013-70,IEICE-MW2013-110,IEICE-EST2013-62 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.259(EMCJ), no.260(MW), no.261(EST) 
ページ範囲 pp.59-62 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-EMCJ-2013-10-17,IEICE-MW-2013-10-17,IEICE-EST-2013-10-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会