お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-10-24 13:55
異種MANET環境における自律分散クラスタリングによるネットワーク間の経路修復手法
岡野圭成大田知行角田良明広島市大DC2013-22
抄録 (和) MANETでは多くのルーティングプロトコルが提案されており,利用用途に応じて適切なルーティングプロトコルは異なる.また,異なるルーティングプロトコルを採用したネットワーク(異種ネットワーク)が混在する環境(異種MANET環境)では,ネットワークはお互いに通信できない.そこで,異種ネットワーク間の通信を可能とするルーティングプロトコルとしてATRがある.異種ネットワーク間では,ATR を動作させるノード(NwGW(Network Gateway) がお互いに隣接することで,通信が可能となる.しかし,MANETではノードの移動により,ネットワークトポロジが変化するため,動的にNwGWを選択する必要がある.そこで,自律分散クラスタリングを用いて動的にNwGW を選択する手法を提案してきた.本稿では,NwGWによる経路修復手法を提案し,経路切断に適応することで,制御パケット量の低減,データパケット到達率の向上を目指す.また,シミュレーション実験を行い,経路修復手法を評価する. 
(英) In MANETs, many routing protocols have been proposed so that the routing protocol is appropriately selected according to various network environments. In the heterogeneous MANET environment, some networks exist in the area and each network uses different routing protocol. Therefore, they cannot communicate with each other. We have proposed ATR that can communicate between different networks. A node can communicate with another node in different network by neighboring nodes with ATR (Network GateWay (NwGW)) which belong to different networks. We have therefore proposed a scheme to dynamically select any NwGWs based on Autonomous Clustering. In this paper, we propose an inter-network route maintenance scheme and conduct a simulation experiment to evaluate the effectiveness of the scheme.
キーワード (和) MANET / 自律分散クラスタリング / ネットワークゲートウェイ / / / / /  
(英) MANET / Autonomous Clustering / Network Gateway / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 270, DC2013-22, pp. 7-12, 2013年10月.
資料番号 DC2013-22 
発行日 2013-10-17 (DC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード DC2013-22

研究会情報
研究会 DC  
開催期間 2013-10-24 - 2013-10-24 
開催地(和) 機械振興会館 地下3階1号室 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) ネットワーク環境でのディペンダビリティ 
テーマ(英) Dependability in network environments 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 DC 
会議コード 2013-10-DC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 異種MANET環境における自律分散クラスタリングによるネットワーク間の経路修復手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Inter-Network Route Maintenance Scheme Based on Autonomous Clustering for Heterogeneous MANETs 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) MANET / MANET  
キーワード(2)(和/英) 自律分散クラスタリング / Autonomous Clustering  
キーワード(3)(和/英) ネットワークゲートウェイ / Network Gateway  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡野 圭成 / Keisei Okano / オカノ ケイセイ
第1著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大田 知行 / Tomoyuki Ohta / オオタ トモユキ
第2著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 角田 良明 / Yoshiaki Kakuda / カクダ ヨシアキ
第3著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-10-24 13:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 DC 
資料番号 IEICE-DC2013-22 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.270 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-DC-2013-10-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会