電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-10-23 10:50
レーダー用電子同調マグネトロンの実用性能と探知能力の改善
小畑英幸古元邦美辻 直樹新日本無線エレソ技報アーカイブへのリンク:ED2013-61
抄録 (和) 電子同調マグネトロンは、マイクロ波出力信号に変調がかけられるため、レーダーに用いた場合、探知信号の情報量を飛躍的に増大させることができる。それにより、世界的な要求である遠方探知画像解像度の改善を促すことが可能となる。このマグネトロンでは、外部同調電圧を与えることにより、マグネトロンの発振周波数同調を可能としている。しかも非常に速いレスポンスで周波数可変が可能なことから、発振パルス内での変調が行える。この技術を用いた発振出力4kWおよび、12kWの電子同調マグネトロンが完成したので、実用性能を示し、また、これをレーダーに用いた場合の探知性能シミュレーション結果を記す。 
(英) A technological development in the design of electronic frequency tuning pulsed magnetron has the potential to dramatically increase the information in the high power X band radar-detecting signal by the use of frequency modulation. This achievement is necessary to meet the increasing world demand of distinct remote sensing picture use of the radar. The developed, improved electronic frequency tuning magnetrons utilize new techniques to tune the oscillation frequency by applying tuning voltage. The high tuning frequency response rate allows for frequency modulation within pulse duration of radar’s transmitting signal. This paper provides a detailed explanation of the design methodology and the measured data using this technology with actual X band 4 kW and 12 kW electronic frequency tuning magnetrons.
キーワード (和) マグネトロン / 周波数同調 / 電子管 / チャープ / FM-CW / 周波数変調 / 周波数ホッピング / 距離解像度  
(英) magnetron / tuning / electron tube / chirp / FM-CW / frequency modulation / hopping / range resolution  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 257, ED2013-61, pp. 47-52, 2013年10月.
資料番号 ED2013-61 
発行日 2013-10-15 (ED) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

研究会情報
研究会 ED  
開催期間 2013-10-22 - 2013-10-23 
開催地(和) 北海道大学エンレイソウ 
開催地(英) Enreisou, Hokkaido Univ. 
テーマ(和) 電子管と真空ナノエレクトロニクス 
テーマ(英) Vacuum tube and vacuum nanoelectronics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ED 
会議コード 2013-10-ED 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) レーダー用電子同調マグネトロンの実用性能と探知能力の改善 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance of electronic frequency tuning magnetron and simulation result of radar detecting capability with this magnetron 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マグネトロン / magnetron  
キーワード(2)(和/英) 周波数同調 / tuning  
キーワード(3)(和/英) 電子管 / electron tube  
キーワード(4)(和/英) チャープ / chirp  
キーワード(5)(和/英) FM-CW / FM-CW  
キーワード(6)(和/英) 周波数変調 / frequency modulation  
キーワード(7)(和/英) 周波数ホッピング / hopping  
キーワード(8)(和/英) 距離解像度 / range resolution  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小畑 英幸 / Hideyuki Obata / オバタ ヒデユキ
第1著者 所属(和/英) 新日本無線株式会社 (略称: 新日本無線)
New Japan Radio Co., Ltd. (略称: New Japan Radio)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 古元 邦美 / Kuniyoshi Furumoto /
第2著者 所属(和/英) 新日本無線株式会社 (略称: 新日本無線)
New Japan Radio Co., Ltd. (略称: New Japan Radio)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 辻 直樹 / Naoki Tsuji /
第3著者 所属(和/英) 新日本無線株式会社 (略称: 新日本無線)
New Japan Radio Co., Ltd. (略称: New Japan Radio)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-10-23 10:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ED 
資料番号 IEICE-ED2013-61 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.257 
ページ範囲 pp.47-52 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ED-2013-10-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会