お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-10-22 13:00
Belle II実験における計算機モデルとネットワーク
原 隆宣三宅秀樹高エネルギー加速器研究機構)・マーチン セビアメルボルン大IA2013-43
抄録 (和) 「粒子」と「反粒子」の違いを説明した小林・益川理論は日本のBelle実験等により検証された。しかし、この理論だけでは、我々の住む「物質優勢」の宇宙を説明できないことが既に判明している。この謎を解くには、この理論を超えた「新しい物理」が必要であり、それを発見するため、2016年度物理データ取得開始に向けて次世代のB-FactoryであるBelle II実験を建設中である。この実験では、取り扱うべき莫大なデータ量から、日本の高エネルギー加速器研究機構がメインセンターとなり、世界中に存在する各研究機関が計算機資源を分担する、分散型計算機システムを導入することにした。この実現のためには、これら資源を接続する安定した広帯域ネットワークが必要不可欠である。本講演ではBelle II実験の紹介とその計算機モデルについてネットワークの重要性を交えながら報告する。 
(英) The Kobayashi-Maskawa theory, which explains the different behavior of the matter and antimatter, was confirmed by the particle physics experiments, such as Belle at KEK. However, this level of matter-antimatter symmetry breakings is not sufficient to explain the matter-dominated universe we live in now. In order to reveal the origin of the dominance, the next experiment, Belle II, is being constructed. It is expected that the Belle II experiment produces the data in the order of the several hundred petabytes by the end of the experiment. The Belle II computing and network are well enough for processing this huge amount of data. In this talk, the Belle II computing model and requirement for the network are reported.
キーワード (和) CP対称性の破れ / Belle II実験 / 素粒子実験 / 分散型計算機システム / / / /  
(英) matter-antimatter symmetry breaking / Belle II / Particle physics / Distributed computing / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 256, IA2013-43, pp. 13-17, 2013年10月.
資料番号 IA2013-43 
発行日 2013-10-15 (IA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IA2013-43

研究会情報
研究会 IA  
開催期間 2013-10-22 - 2013-10-22 
開催地(和) 東京大学先端知ビル 5F 武田ホール 
開催地(英) Takeda Hall, Takeda Bldg. 5F, Hongo Campus, Univ. of Tokyo 
テーマ(和) ネットワーク研究開発テストベッド運用・利用,一般 (ADVNET共催) 
テーマ(英) Network R&D Testbed Operation and Utilization, etc. (cosponsored by ADVNET) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IA 
会議コード 2013-10-IA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Belle II実験における計算機モデルとネットワーク 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Belle II computing and network 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) CP対称性の破れ / matter-antimatter symmetry breaking  
キーワード(2)(和/英) Belle II実験 / Belle II  
キーワード(3)(和/英) 素粒子実験 / Particle physics  
キーワード(4)(和/英) 分散型計算機システム / Distributed computing  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 原 隆宣 / Takanori Hara / ハラ タカノリ
第1著者 所属(和/英) 高エネルギー加速器研究機構 (略称: 高エネルギー加速器研究機構)
High Energy Accelerator Research Organization (略称: KEK)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 三宅 秀樹 / Hideki Miyake / ミヤケ ヒデキ
第2著者 所属(和/英) 高エネルギー加速器研究機構 (略称: 高エネルギー加速器研究機構)
High Energy Accelerator Research Organization (略称: KEK)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) マーチン セビア / Martin Sevior / マーチン セビア
第3著者 所属(和/英) メルボルン大学 (略称: メルボルン大)
Melbourne University (略称: Melbourne Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-10-22 13:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IA 
資料番号 IEICE-IA2013-43 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.256 
ページ範囲 pp.13-17 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-IA-2013-10-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会