お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-10-22 14:00
アタカマサブミリ波望遠鏡実験(ASTE)におけるインターネットを利用したリモート観測
芦田川京子松居隆之小杉城治奥田武志国立天文台IA2013-46
抄録 (和) 国立天文台が主導するアタカマサブミリ波望遠鏡実験(ASTE)プロジェクトでは,南米チリのアタカマ高地に望遠鏡を設置して、学術ネットワークを利用した日本からのリモート観測運用を10年前から続けている.
この間,ASTE を取り巻くネットワーク事情も変化したが,依然としてラストマイルは衛星回線であり,その細さと不安定さによる制約は変わっていない.
本稿ではASTE 望遠鏡の概要とハードウェア,ソフトウェア構成について紹介するとともに,望遠鏡や受信器という大型精密機械をリモートから運用する
際の困難に対する解決策や工夫について報告する. 
(英) The Atacama Submillimeter Telescope Experiment (ASTE) project, which has been led by the National Astronomical Observatory of Japan, installed its telescope on the high-site of the Atacama in Chile, South America and has been operating it remotely from Japan through the R&E networks for more than 10 years. Although much of the state of the networks in and out of the ASTE project has changed since then, there are still limitations due to its narrow and unstable last-mile satellite connection. In this paper, we will present the overview of the ASTE telescope including its hardware and software aspects, and report how we have come over the difficulties in remotely operating the large precision instruments such as telescope and receivers.
キーワード (和) 電波望遠鏡 / サブミリ波 / ネットワーク / リモート観測 / ASTE / / /  
(英) Radio telescope / Submillimeter-wave / Network / Remote observation / ASTE / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 256, IA2013-46, pp. 25-28, 2013年10月.
資料番号 IA2013-46 
発行日 2013-10-15 (IA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IA2013-46

研究会情報
研究会 IA  
開催期間 2013-10-22 - 2013-10-22 
開催地(和) 東京大学先端知ビル 5F 武田ホール 
開催地(英) Takeda Hall, Takeda Bldg. 5F, Hongo Campus, Univ. of Tokyo 
テーマ(和) ネットワーク研究開発テストベッド運用・利用,一般 (ADVNET共催) 
テーマ(英) Network R&D Testbed Operation and Utilization, etc. (cosponsored by ADVNET) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IA 
会議コード 2013-10-IA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) アタカマサブミリ波望遠鏡実験(ASTE)におけるインターネットを利用したリモート観測 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Remote Observation via Internet used in the Atacama Submillimeter Telescope Experiment (ASTE) 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 電波望遠鏡 / Radio telescope  
キーワード(2)(和/英) サブミリ波 / Submillimeter-wave  
キーワード(3)(和/英) ネットワーク / Network  
キーワード(4)(和/英) リモート観測 / Remote observation  
キーワード(5)(和/英) ASTE / ASTE  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 芦田川 京子 / Kyoko Ashitagawa / アシタガワ キョウコ
第1著者 所属(和/英) 国立天文台 (略称: 国立天文台)
National Astronomical Observatory of Japan (略称: NAOJ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松居 隆之 / Takayuki Matsui / マツイ タカユキ
第2著者 所属(和/英) 国立天文台 (略称: 国立天文台)
National Astronomical Observatory of Japan (略称: NAOJ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小杉 城治 / George Kosugi / コスギ ジョージ
第3著者 所属(和/英) 国立天文台 (略称: 国立天文台)
National Astronomical Observatory of Japan (略称: NAOJ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 奥田 武志 / Takeshi Okuda / オクダ タケシ
第4著者 所属(和/英) 国立天文台 (略称: 国立天文台)
National Astronomical Observatory of Japan (略称: NAOJ)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-10-22 14:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IA 
資料番号 IEICE-IA2013-46 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.256 
ページ範囲 pp.25-28 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-IA-2013-10-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会