お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-10-19 13:15
スピーキングの自動評価に向けた言語項目の策定
小林雄一郎学振)・阿部真理子中大TL2013-41
抄録 (和) 本研究は,英語学習者による話し言葉を自動評価すると同時に,学習者の習熟度推定に寄与する言語項目を特定することを目的としている。分析データは,日本人英語学習者1,281人の話し言葉コーパスであり,習熟度情報が付与されたNICT JLE Corpusである。本研究では,このコーパスに付与された習熟度情報をクラスとし,Biber (1988) によって分析された言語項目を特徴量とする。習熟度推定に用いる手法は,ランダムフォレスト (Breiman, 2001) である。実験の結果,61.28%の精度で学習者の習熟度を正しく推定することができた。また,推定に寄与した言語項目は,総語数,異語数,前置詞,時制,1人称代名詞などであった。 
(英) The present study aims to automatically evaluate second language (L2) spoken English, and to identify linguistic features for predicting speaking proficiency. It drew on the NICT JLE Corpus, a corpus of 1,281 Japanese EFL learners, coded with speaking proficiency. The oral proficiency levels were used as criterion variable and linguistic features analyzed in Biber (1988) as explanatory variables. Random forests (Breiman, 2001) was employed to predict the speaking proficiency. As a result of random forests with the out-of-bag error estimate, 61.28% of L2 spoken productions were correctly classified. The strongest predictors of an individual’s level were tokens, types, prepositions, tense, and first person pronouns.
キーワード (和) L2スピーキング / 学習者コーパス / 機械学習 / / / / /  
(英) L2 Spoken English / Learner Corpus / Machine Learning / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 253, TL2013-41, pp. 1-6, 2013年10月.
資料番号 TL2013-41 
発行日 2013-10-12 (TL) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード TL2013-41

研究会情報
研究会 TL  
開催期間 2013-10-19 - 2013-10-19 
開催地(和) 早稲田大学8号館 303/304/305会議室 
開催地(英) WASEDA Univ. 
テーマ(和) 概念辞書と言語処理 
テーマ(英) conceptual dictionary and NLP 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 TL 
会議コード 2013-10-TL 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) スピーキングの自動評価に向けた言語項目の策定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Exploring linguistic features for the automated assessment of L2 spoken English 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) L2スピーキング / L2 Spoken English  
キーワード(2)(和/英) 学習者コーパス / Learner Corpus  
キーワード(3)(和/英) 機械学習 / Machine Learning  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 雄一郎 / Yuichiro Kobayashi / コバヤシ ユウイチロウ
第1著者 所属(和/英) 日本学術振興会 (略称: 学振)
Japan Society for the Promotion of Science (略称: JSPS)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 阿部 真理子 / Mariko Abe /
第2著者 所属(和/英) 中央大学 (略称: 中大)
Chuo University (略称: Chuo Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-10-19 13:15:00 
発表時間 30 
申込先研究会 TL 
資料番号 IEICE-TL2013-41 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.253 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-TL-2013-10-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会