お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-10-19 15:05
eポートフォリオシステム「Mahara」における省察的学習支援機能の開発とその評価
森本康彦学芸大ET2013-55
抄録 (和) 近年,多くの大学が学習者中心の教育の実現のためにeポートフォリオシステムの導入を行っている.その中で,オープンソースシステムである“Mahara”を活用する大学が多く存在する.しかし,Maharaは,学習者の学習成果物であるアーティファクトを蓄積し,それらをページにまとめ公開するという一連の活動を想定しており,それ以前の学習プロセスにおける学習者の省察的な学習・評価活動そのものを支援するには不十分であり,さらに,操作性に乏しいシステムとなっている.そのため,利用者による運用面での工夫が不可欠であった.そこで,本研究では,学習プロセスにおける学習者のeポートフォリオを活用した省察的な学習・評価活動の効果的な実施の支援をMahara上に実現することを目的に,学習者が学習プロセスにおいて省察的学習を支援する機能を開発しMahara上に実装した(「Maharaリフレフォリオ」と呼ぶ).本論文では,開発システムのユーザビリティの評価を行った.評価の結果,Maharaリフレフォリオは,既存Maharaと比較して容易に評価活動を行えることが明らかになった. 
(英) In recent years, many e-portfolio systems have been introduced for student-centered learning in higher education. In this kind of situation, there are many universities that use Mahara, which is an open source e-portfolio system. As Mahara assumes that the series of activities represented by accumulated artifacts are summarized and exhibited on a webpage, it is insufficient for supporting student reflective learning and assessment activities during the learning process. Moreover, it is said to be difficult to operate. Therefore, the user needs to devise a practical way to use Mahara for reflective learning and assessment. The purpose of this study is to provide support for student reflective learning and assessment activities using their e-portfolios through the learning process. In this paper, the development of the functions was described, and then the usability of implementing it on Mahara was evaluated.
キーワード (和) eポートフォリオ / eポートフォリオシステム / Mahara / 省察的学習 / 自己評価 / 相互評価 / /  
(英) e-portfolio / e-portfolio system / Mahara / reflective learning and assessment / self-assessment / peer assessment / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 254, ET2013-55, pp. 25-30, 2013年10月.
資料番号 ET2013-55 
発行日 2013-10-12 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ET2013-55

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2013-10-19 - 2013-10-19 
開催地(和) 富山大学(五福キャンパス) 
開催地(英) Toyama University (Gofuku Campus) 
テーマ(和) LMSとe-ポートフォリオ/一般 
テーマ(英) Learning Management System, e-Portfolio, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2013-10-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) eポートフォリオシステム「Mahara」における省察的学習支援機能の開発とその評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development and Evaluation of Functions for Reflective Learning and Assessment on Mahara 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) eポートフォリオ / e-portfolio  
キーワード(2)(和/英) eポートフォリオシステム / e-portfolio system  
キーワード(3)(和/英) Mahara / Mahara  
キーワード(4)(和/英) 省察的学習 / reflective learning and assessment  
キーワード(5)(和/英) 自己評価 / self-assessment  
キーワード(6)(和/英) 相互評価 / peer assessment  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 森本 康彦 / Yasuhiko Morimoto / モリモト ヤスヒコ
第1著者 所属(和/英) 東京学芸大学 (略称: 学芸大)
Tokyo Gakugei University (略称: Tokyo Gakugei Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-10-19 15:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2013-55 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.254 
ページ範囲 pp.25-30 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ET-2013-10-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会