電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-10-18 16:45
EMタイプIRTを用いて不完全マトリクスから完全マトリクスを推定する方法について
作村建紀徳永正和廣瀬英雄九工大R2013-73
抄録 (和) IRT(項目反応理論)はテストの問題項目特性および被験者能力評価に対して有益な情報を与える.通常,IRTは完全マトリクスIRTに適用されるが,不完全マトリクスに適用できるEMタイプIRTも提案されている.この方法は,不完全マトリクスの観測された値を用いて空要素の値を予測する.不完全マトリクスから完全マトリクスを推定する別な方法にマトリクス分解法が挙げられる.被験者の特性が強く反映されるような不完全マトリクスの場合,EMタイプIRTはマトリクス分解法よりも有効に働く可能性がある.ここでは,実際に得られた不完全マトリクスデータを対象に,EMタイプIRTによる予測を行いマトリクス分解法の結果と比較する.また,EMタイプIRTの収束性について検討した結果を述べる. 
(英) The item response theory (IRT) gives us the valuable information about the difficulties of problems as well as the abilities of students.
Although, the IRT covers the complete matrix,
the EM-type IRT can be applied to also the incomplete matrix.
This method predicts the values of the vacant elements using the observed values in the incomplete matrix.
The matrix decomposition method is another choice to make up a complete matrix from the incomplete matrix.
When the characteristics of users dominate in the matrix, the EM-type IRT has a possibility to work more effective than does the matrix decomposition method.
In this paper, we compare the prediction results between the EM-type IRT and the matrix decomposition method using the real case of the incomplete matrix.
In addition, we show the results of the convergence for the EM-type IRT.
キーワード (和) 項目反応理論 / 不完全マトリクス / EMタイプIRT / / / / /  
(英) item response theory / incomplete matrix / EM-type IRT / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 249, R2013-73, pp. 53-58, 2013年10月.
資料番号 R2013-73 
発行日 2013-10-11 (R) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード R2013-73

研究会情報
研究会 R  
開催期間 2013-10-18 - 2013-10-18 
開催地(和) kyutechプラザ 
開催地(英)  
テーマ(和) 信頼性一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 R 
会議コード 2013-10-R 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) EMタイプIRTを用いて不完全マトリクスから完全マトリクスを推定する方法について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A method to estimate the complete matrix from the incomplete matrix using the EM-type IRT 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 項目反応理論 / item response theory  
キーワード(2)(和/英) 不完全マトリクス / incomplete matrix  
キーワード(3)(和/英) EMタイプIRT / EM-type IRT  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 作村 建紀 / Takenori Sakumura / サクムラ タケノリ
第1著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyushu Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 徳永 正和 / Masakazu Tokunaga / ヒロセ ヒデオ
第2著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyushu Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 廣瀬 英雄 / Hideo Hirose /
第3著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyushu Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-10-18 16:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 R 
資料番号 IEICE-R2013-73 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.249 
ページ範囲 pp.53-58 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-R-2013-10-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会