電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-10-18 10:55
DFT-Precoded OFDMAにおけるLMMSE規範の繰り返し判定帰還チャネル推定を用いるターボ周波数領域等化のブロック誤り率特性
森 千尋東京都市大)・川村輝雄NTTドコモ)・三木信彦香川大)・佐和橋 衛東京都市大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では,Discrete Fourier Transform (DFT)-precoded Orthogonal Frequency Division Multiple Access (OFDMA)おける線形平均2乗誤差最小(LMMSE: Linear Minimum Mean-Square Error)アルゴリズムを用いる繰り返し判定帰還チャネル推定(IDDCE: Iterative Decision-Directed Channel Estimation)を適用したときのターボ周波数領域等化(FDE: Frequency Domain Equalizer)のブロック誤り率(BLER: Block Error Rate)特性を計算機シミュレーションにより評価する.提案のIDDCEの2回目以降の繰り返しでは,参照信号(RS: Reference Signal)およびターボ復号器出力の各ビットの事後対数尤度比(LLR: Log-Likelihood Ratio)から生成した軟判定シンボル推定値を用いて求めたチャネル応答を2次元LMMSEアルゴリズムを用いて平均化し,ターボFDEのための高精度なチャネル応答を生成する.計算機シミュレーションにより,9パスのExtended Typical Urban (ETU)チャネルモデル,および最大ドップラ周波数が220 Hz程度までの環境における最適な窓サイズを明らかにする.また,2次元LMMSE規範のIDDCEは,低速から高速移動の周波数選択性フェージングチャネルにおいて,ターボFDEの目標平均BLERを満たすための所要平均受信SNR(Signal-to-Noise power Ratio)の低減に有効であることを示す. 
(英) This paper presents the average block error rate (BLER) performance for linear minimum mean-square error (LMMSE) based iterative decision-directed channel estimation (IDDCE) associated with the turbo frequency domain equalizer (FDE) for discrete Fourier transform (DFT)-precoded Orthogonal Frequency Division Multiple Access (OFDMA). In the proposed IDDCE, estimated channel responses, which are used for weights of feed-forward and decision feedback FDEs, are iteratively updated using an accurate 2-dimensional LMMSE algorithm at each iteration of the turbo FDE. Through computer simulations, we clarify the best window size for the 2-dimensional LMMSE algorithm assuming the 9-path Extended Typical Urban (ETU) channel model and the maximum Doppler frequency of up to approximately 220 Hz. The computer simulations show that the 2-dimensional LMMSE based IDDCE is effective in decreasing the required average received signal-to-noise power ratio (SNR) satisfying the target average BLER for the turbo FDE in a frequency-selective Rayleigh fading channel with low-to-high maximum Doppler frequencies and with a wide range of root mean square delay spread values.
キーワード (和) シングルキャリアFDMA / DFT-precoded OFDMA / ターボ周波数領域等化 / LMMSEチャネル推定 / 繰り返しチャネル推定 / Max-Log-MAP復号 / /  
(英) single-carrier FDMA / DFT-precoded OFDMA / turbo FDE / LMMSE channel estimation / iterative channel estimation / Max-Log-MAP decoder / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 246, RCS2013-161, pp. 109-114, 2013年10月.
資料番号 RCS2013-161 
発行日 2013-10-10 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2013-10-17 - 2013-10-18 
開催地(和) 上智大学 
開催地(英) Sophia Univ. 
テーマ(和) 無線通信方式,無線通信システム,標準化および一般 
テーマ(英) Wireless Communication Schemes, Wireless Communication Systems, Wireless Standards, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2013-10-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) DFT-Precoded OFDMAにおけるLMMSE規範の繰り返し判定帰還チャネル推定を用いるターボ周波数領域等化のブロック誤り率特性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance of Turbo FDE Using Two-Dimensional LMMSE Based Iterative Decision-Directed Channel Estimation for DFT-Precoded OFDMA 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) シングルキャリアFDMA / single-carrier FDMA  
キーワード(2)(和/英) DFT-precoded OFDMA / DFT-precoded OFDMA  
キーワード(3)(和/英) ターボ周波数領域等化 / turbo FDE  
キーワード(4)(和/英) LMMSEチャネル推定 / LMMSE channel estimation  
キーワード(5)(和/英) 繰り返しチャネル推定 / iterative channel estimation  
キーワード(6)(和/英) Max-Log-MAP復号 / Max-Log-MAP decoder  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 森 千尋 / Chihiro Mori / モリ チヒロ
第1著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 川村 輝雄 / Teruo Kawamura / カワムラ テルオ
第2著者 所属(和/英) NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO (略称: NTT DOCOMO)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 三木 信彦 / Nobuhiko Miki / ミキ ノブヒコ
第3著者 所属(和/英) 香川大学 (略称: 香川大)
Kagawa University (略称: Kagawa Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐和橋 衛 / Mamoru Sawahashi / サワハシ マモル
第4著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-10-18 10:55:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2013-161 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.246 
ページ範囲 pp.109-114 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2013-10-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会